薬剤師の平均年収は高いor低い?比較ランキングと年収1,000万へのコツもご紹介!

薬剤師は薬品を取り扱う専門職として、年収が高く待遇が良いというイメージがある人も多いかもしれません。しかし、実際には平均年収や給料はイメージどおり高いのでしょうか。

なかには「20代を超えても給料がなかなか上がらず、低いまま……転職を考えている」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、薬剤師のお仕事に関する次の項目を徹底解説していきます。

この記事でわかること
  • 薬剤師の平均年収・給料
  • 薬剤師向けおすすめ転職エージェント
  • ドラッグストア・薬局・病院の中で薬剤師の給料が高いのはどれ?
  • 薬剤師転職の流れを解説
  • 薬剤師の企業転職を成功させるコツを紹介

薬剤師の年収ランキングも記載していますので、転職先選びの参考にしてみてください。

年収1,000万円を目指すためのコツもご紹介しますよ。
自分の年収と比較してみよう

薬剤師の平均年収はこちら

【ドラッグストア・薬局など】薬剤師の年収は?ランキングも紹介

ひとくちに薬剤師といっても、働くにあたっての条件はさまざまです。勤め先ごとの給料や仕事内容を知っておけば、転職時の判断材料になるでしょう。

今回は転職サイトのひとつであるマイナビ転職が保有する求人の平均年収をもとに紹介しています

※参照:マイナビ転職

製薬会社

【薬局・病院など】薬剤師の年収は?ランキングも紹介

製薬会社に勤める薬剤師の年収は、平均543.2万円です。製薬会社の年収は、他の職種と比べて高いといわれています。

MR(医薬情報担当者)・研究開発職では年収1,000万円を超えるという人もいます。

主な製薬会社は次のとおりです。

主な製薬会社一覧
  • 大塚製薬株式会社
  • 大日本住友製薬株式会社
  • 生化学工業株式会社
  • エーザイ株式会社
  • 大正製薬株式会社

MRはコミュニケーションスキルを伸ばすことができます。開発職に携わると、学会に参加する機会も多いです。

年収が高く、最先端の研究内容に触れることができる点が魅力でしょう。
年収アップは実現できる!

薬剤師で高年収を
目指すコツはこちら

ドラッグストア

【薬局・病院など】薬剤師の年収は?ランキングも紹介

ドラッグストアに勤める薬剤師の年収は、平均512.5万円です。

現在ドラッグストアは全国展開をする企業も多く、業界全体が人手不足になっていると考えられます。そのため、安定した給料を得られる求人あるようです。

主なドラッグストア一覧
  • ウエルシア
  • ツルハドラッグ
  • コスモス
  • サンドラッグ
  • マツモトキヨシ
  • ココカラファイン
  • クスリのアオキ

ドラッグストアでエリアマネージャーを目指せば、さらに年収アップが目指せるかもしれませんね。

調剤薬局

【薬局・病院など】薬剤師の年収は?ランキングも紹介

調剤薬局に勤める薬剤師の年収は、平均488.3万円です。

 調剤薬局の薬剤師とは、医師が発行した「処方せん」をもとに薬を調剤し、患者に薬の適正使用に関する情報を提供する仕事です。

調剤薬局には主に次の2種類の役職があります。

調剤薬局の薬剤師
  • 一般職(の薬剤師)
  • 管理薬剤師

一般職のままだと、すぐに年収の頭打ちが来てしまう可能性が高いです。

管理薬剤師は一般職が行えない業務ができるため、一般職と比較すると年収アップも期待できるかもしれません。

 管理薬剤師は薬剤師資格以外に別段の資格がなくても一定期間勤務すればなることが可能なので、ぜひ目指しましょう。
年収アップは実現できる!

薬剤師で高年収を
目指すコツはこちら

病院

【薬局・病院など】薬剤師の年収は?ランキングも紹介

病院に勤める薬剤師の年収は、平均434.6万円です。国立病院か民間病院によっても異なりますが、本記事でご紹介した職種の中では年収は比較的低めであるといえます。

 医師などの医療従事者の人手不足のほうが深刻なため、そちらに給料を多く出す特徴があるからと考えられます。

病院に勤務する薬剤師には、次のような役職があります。

病院勤務の薬剤師
  • 一般職(の薬剤師)
  • 薬剤師主任
  • 薬剤師部長

薬剤師部長まで上り詰めれば、高い年収をもらうことは十分可能といえるでしょう。

日々の仕事を通してスキルを磨きましょう。
年収アップは実現できる!

薬剤師で高年収を
目指すコツはこちら

薬剤師の年収ランキング

【薬局・病院など】薬剤師の年収は?ランキングも紹介

上でご紹介した薬剤師の年収を高いものから順にランキング形式でまとめてみましょう。

1位:製薬会社 543.2万円
2位:ドラッグストア 512.5万円
3位:調剤薬局 488.3万円
4位:病院薬剤師 434.6万円
年収アップは実現できる!

薬剤師で高年収を
目指すコツはこちら

【都道府県別】薬剤師の平均年収ランキング

薬剤師の平均年収は都道府県ごとに異なります。賃金構造基本統計調査によると、薬剤師の平均年収トップ5は以下の通りです。

1位 山口県 780.0万円
2位 福島県 737.4万円
3位 宮城県 677.9万円
4位 長野県 676.8万円
5位 青森県 661.5万円

都市部の年収が高いと思いがちですが、薬剤師に関しては地方の年収が高いという結果となっています。

例えば、厚生労働省の発表によると国立病院で働く薬剤師の平成30年度の平均年収は565.3万円です。1位の山口県と比べるとその差は200万円以上あります。

 ちなみに東京都は508.0万円、大阪府は520.4万円と平均よりも低いという結果のため、都心部より地方の方が高くなる傾向があります。

薬剤師が不足しているなどの理由で、地方の年収は高い傾向にあります。高年収を狙うのであれば、地方での勤務を検討してみても良いでしょう。

地方の場合は人手不足からハードワークになることも考えられます。 地方への転職を希望する場合は、労働条件などをよく確認して求人を探してみてください。

参考:賃金構造基本統計調査
※出典:厚生労働省 薬剤師に関する資料

年収アップは実現できる!

薬剤師で高年収を
目指すコツはこちら

【20代・30代・40代別】薬剤師の平均年収は?

薬剤師の平均年収は一体いくらなのでしょうか。今回は、20代・30代・40代の年齢別にそれぞれの平均年収や年代別の特徴を見ていきましょう。

参照:公式サイト

20代の平均年収

【年代別】薬剤師の平均年収は?

20代の薬剤師の平均年収は、次のとおりです。

男性 女性
約413万円 約408万円

社会人になったばかりの20代は、慣れない環境で仕事を覚えるのに必死の時期です。結婚や出産などのライフイベントもあるでしょう。

20代では、男女の平均年収の差はあまりありませんね。

女性は、結婚や出産を機に働き方を考え直す人も多いです。今後も長く働けるよう、単に年収だけではなく福利厚生が充実した職場を選ぶことも大切です。

 職場に研修やセミナーなどの支援があれば、積極的に活用してスキルを高めることがおすすめです。
年収アップは実現できる!

薬剤師で高年収を
目指すコツはこちら

30代の平均年収

【年代別】薬剤師の平均年収は?

30代の薬剤師の平均年収は、次のとおりです。

男性 女性
約617万円 約536万円

このように、20代と比べると平均年収がアップしていることが分かります。

 女性は出産や育児などで仕事を離れる時期があるなどの事情が考えられるため、男性と比べ平均年収は低くなる傾向にあるようです。

30代になればスキルや経験がある程度あるため、責任のある仕事を任せられる時期です。

部下の育成を任されることもあるでしょう。

薬剤師の仕事に役立つ資格を取得すれば、資格手当がもらえるなど年収アップにつながる可能性が高いでしょう。

40代の平均年収

【年代別】薬剤師の平均年収は?

40代の薬剤師の平均年収は、次のとおりです。

男性 女性
約665万円 約597万円

一般的には、40代になると管理職など役職を任される方もいます。

今までのキャリアの積み重ねが、年収にも反映される時期ですね。

女性は育児が一段落して正社員に戻る方も増えるため、30代より平均年収が高くなっていると考えられます。

40代で年収アップを目指すなら、薬剤師の資格にプラスアルファの価値を見出すことがおすすめです。

例えば、外資系の製薬会社なら英語のスキルを身につけるなどがあてはまります。

 今の職場でこれ以上の昇進が望めない場合には、転職を考えるのもひとつの方法です。
年収アップは実現できる!

薬剤師で高年収を
目指すコツはこちら

薬剤師の平均年収は職種・地域によって異なる

【年代別】薬剤師の平均年収は?

平均年収について紹介しましたが、ひとくちに薬剤師といっても、製薬会社やドラッグストア、病院など勤務先のほか、働く地域によっても年収は大きく変わります。

平均年収はあくまでも一つの目安として参考にしておきましょう。
 自分が希望する年収を実現するには、どの勤務先を選べば良いのか考えることも大切です。

例えば、一般的に年収が上がりにくいと考えられる病院薬剤師よりも、全国展開のドラッグストアのマネージャーになる方が年収アップできる可能性は高いかもしれません。

30代・40代になった時にどのくらいの年収が欲しいのか、逆算してキャリアプランを考えることがおすすめです。

派遣社員の薬剤師の平均年収は?稼ぐことは可能?

医療従事者の中でも平均年収が高いと言われる薬剤師。派遣薬剤師の平均年収、気になりますよね。

ここでは、派遣社員の平均年収と、派遣社員として稼ぐためのコツを解説します。

派遣薬剤師の平均年収とは?

平成元年賃金構造基本統計調査によると、短時間労働者の労働日数平均は13.5日、労働時間は平均5.3時間、時給平均が約2420円となっています。

平均賞与が約117万円という点も加味すると平均年収は約325万円ほどとなります。

条件や派遣会社により差が大きいため、あくまで参考程度ですが、短時間でも高収入と言えそうです。
年収アップは実現できる!

薬剤師で高年収を
目指すコツはこちら

派遣社員が稼ぐためにできること3選

派遣社員は高収入と言われていますが、派遣社員がより高い収入を得るためにできることを3つご紹介します。

(1)労働日数や労働時間を長くする

まずは単純に労働時間や労働日数を増やすことで収入を上げることができます。誰にでも実践しやすい方法の一つです。

労働時間も正社員と同時間であれば稼ぐ額は大きくなりますし、労働日数を増やすこともまた、年収向上に繋がります。

 現在派遣社員として働かれている方は、派遣会社に条件の変更を申し出てみると変更できる場合が多いです。

(2)スキルを身に付ける

専門知識を習得済みの方やコミュニケーション能力が高い方は、派遣会社が派遣先に推薦しやすくなります。資格など目に見えてわかるスキルも派遣先に対するアピールになるでしょう。

派遣されてきた方の中から優秀な人材を正職員にすることも多いため、なにかしらのスキルは身に着けておきたいですね。

自分のやりたいことに合わせて学習していくと良いでしょう。

年収アップは実現できる!

薬剤師で高年収を
目指すコツはこちら

(3)時給の高い職場へ転職する

時給が高くなれば、おのずと年収が上がりますよね。しかし、派遣会社と派遣先の合意により条件が決められているため、現在働いている派遣先での条件変更は難しいのが現状です。

より高時給を目指すのであれば、派遣に特化した転職サイトで求人を探してみましょう

 アドバイザーに相談することで、希望の条件でより時給の高い職場への就職が叶いやすくなりますよ。
年収アップは実現できる!

薬剤師で高年収を
目指すコツはこちら

薬剤師で年収1,000万円を目指すことは可能?

薬剤師で年収1000万円を目指すことは可能?

薬剤師の年収は、一般的に高めであると言われていますが、上でご紹介した平均年収からも分かるように、1,000万円を超えているケースはあまり多くありません

しかし、工夫すれば年収1,000万円を目指すことは可能です。おすすめの方法として、次のようなものが挙げられます。

おすすめの方法
  1. 外資系CRO業界でCRA職として働く
  2. 製薬会社でMR として功績を残す
  3. 地方の管理薬剤師に転職する

①外資系CRO業界でCRA職として働く

薬剤師で年収1000万円を目指すことは可能?

CRAとは、臨床開発モニターのことです。新薬の有効性や安全性を確かめる治験(臨床開発試験)の円滑な進行をサポートします。

CRA職は経験年数により年収に差があります。

 管理職経験を生かして転職をすれば、年収1,000万円を目指すことも可能でしょう。
年収アップ成功率があがる!

転職を成功させたい
薬剤師の方はこちら

②製薬会社でMR として功績を残す

薬剤師で年収1000万円を目指すことは可能?

MRとは、病院の医師や調剤を行う薬剤師に対し、自社の薬に関する情報を提供する仕事です。

 営業活動そのものではなく、薬の品質・有効性・安全性に関する情報を医療従事者に提供します。

MR職は薬剤師の中でも収入が高い傾向にあることで知られています。

製薬会社は利益率が高いため、福利厚生が手厚いこともメリットです。

③地方の管理薬剤師に転職する

薬剤師で年収1,000万円を目指すことは可能?

管理薬剤師とは、医薬品や従業員を管理する仕事です。

 薬局やドラッグストアでは、責任者として医薬品医療機器等法によって配置が義務付けられています。

過疎部の地方では、人材不足のため高待遇で管理薬剤師の求人を出していることがあります。

特に寒冷地や農村部、離島などは薬剤師の人手不足が問題になることもあるため、重宝してもらえるでしょう。
 ただし、いつでも募集が出ているとは限らないので、こまめに転職サイトをチェックすることがおすすめです。
年収アップ成功率があがる!

転職を成功させたい
薬剤師の方はこちら

薬剤師で年収700万・800万を達成するためにすべきこと

働く地域によっては、薬剤師で年収700万・800万円稼ぐことは可能です。

しかし、上記でご紹介したランキングからも分かるように、多くの地域では700・800万円を稼ぐためには工夫や努力が必要となるでしょう。

年収700・800万円を達成するための方法
  • 管理職を目指す
  • 認定薬剤師の資格を取得する
  • 独立に向けて準備をする

将来的に年収をあげたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

管理職を目指す

書類に記入する人

一般の薬剤師が700万円以上の年収を得ることは、全国平均からして難しいと考えられます。薬剤師で高年収を目指すのであれば、責任をともなう役職が必要になるでしょう。

病院や製薬会社勤務であれば、部長などの管理職を目指す必要があります。また、調剤薬局やドラッグストア勤務であれば、店舗責任者になると年収はあがるでしょう。

管理職にキャリアアップするためには、以下のような点を心がけてみてください。

キャリアアップするための方法
  • 資格の取得
  • 処方箋、医療保険、法律などさまざまな情報を収集する
  • 職場の同僚から信頼を得る

管理職には、幅広い知識や情報収集力、それらを活用しての対応力が求められます。また、同僚から信頼を得るためにコミュニケーション能力も必要となるでしょう。

職場によっては、管理職になるための条件があるケースもあります。

管理職を目指すのであれば、まずは職場の昇進基準を確認してみてください。
年収アップ成功率があがる!

転職を成功させたい
薬剤師の方はこちら

認定薬剤師の資格を取得する

薬膳

医療は日々進歩しているため、薬剤師には最新の知識と技術が必要です。専門分野に特化した知識と技術を学んだ証明として「認定薬剤師」という資格があります。

 認定薬剤師の資格にはさまざまな種類があるので、自分が専門にしたい分野を決めることが重要です。

資格を取得するためには、所定された講習を受講し単位をとる必要があります。また、認定薬剤師の資格は更新が必要なため、一定の期間ごとに単位を取得しなければなりません。

なお、認定薬剤師の資格を取得できれば「専門薬剤師」の資格に挑戦可能です。専門薬剤師は、専門領域の知識や実務経験を備えたスペシャリストのことをいいます。

医療チームの一員として働くこともできるため、キャリアアップや年収アップが期待できます。

専門薬剤師の資格は難易度の高めですが、得られるものは多いといえるでしょう。
年収アップ成功率があがる!

転職を成功させたい
薬剤師の方はこちら

独立に向けて準備する

ノートや文房具

薬剤師として独立することで、年収アップを叶えることも可能です。

 独立するためには、医療や薬剤に関しての幅広い知識に加えて、経営の知識も必要となります。

また、一人で薬剤師として店舗を運営していく必要もあるため、薬剤師としての経験が十分に必要です。開業してしばらくは赤字も覚悟をしなければなりません。

軌道にのれば年収アップが叶うかもしれませんが、それまではリスクが伴うことを念頭に置いてください。

独立の成功率をあげるためには、医師やM&A仲介会社と良好な関係を築いておくこともポイントです。

女性の薬剤師が年収をあげるためにすべきこと

女性

結婚や出産を機に、仕事から離れる女性は少なくありません。一旦、仕事から離れてブランクがあると年収をあげることは難しいと考える人も多いでしょう。

ママ薬剤師さんであっても、以下のような工夫次第で年収をあげていくことは可能です。

女性が年収をあげる方法
  • 働き方を考える
  • 昇給・昇進を目指す
  • 副業・ダブルワークを視野に入れる

仕事と家庭を両立しながら年収をあげたいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

働き方を考える

作業する女性

年収を着実にあげていくのであれば、正社員で働き続けることが理想といえます。薬剤師は、正社員・パート・アルバイト・派遣など、働き方はさまざまです。

女性の場合、結婚や育児などライフイベントごとに働き方を考える必要があるでしょう。

 たとえば、産休・育休、時短制度などを利用して正社員で働き続けていれば、将来的に年収があがる可能性は十分にあります。

正社員であっても子どもが小さいうちは、時短などを利用すれば年収は低いかもしれません。

子どもが大きくなり手が離れたら、フルタイムにしたり、勤務日数を増やしたりすることで年収をあげることができるでしょう。

ライフスタイルに合わせた働き方を希望する人は「派遣薬剤師」もおすすめです。

派遣薬剤師は勤務時間などの融通が利きやすかったり、残業が少なかったりするため、子育て中のママ薬剤師さんも多いです。

派遣薬剤師の時給は、薬剤師のパート・アルバイトよりも高い傾向にあります。派遣薬剤師の時給によっては、正社員よりも多く稼げることもあります。

 ただし、福利厚生などは正社員よりも劣るなどのデメリットもあるので注意が必要です。

自分のライフスタイルや将来のキャリアビジョンに最適な働き方を選んでみてください。

年収アップ成功率があがる!

転職を成功させたい
薬剤師の方はこちら

昇給・昇進を目指す

薬剤師

現在の職場で年収アップを狙うのであれば、昇進・昇給を目指すことをおすすめします。「管理薬剤師」や「薬剤師部長」などの管理職になれば、役職手当が発生するため年収はあがります。

加えて、「認定薬剤師」や「専門薬剤師」などを取得すれば、資格手当をもらえる可能性があるでしょう。

まずは、勤務先の昇給・昇進の基準を確認しておくことが大切です。

管理職になったり、資格を取得したりしても年収アップが見込めないようだったら、転職を検討した方が良いかもしれません。

転職を検討する際にも、管理職経験や資格があれば有利に転職活動を進められます。

また、結婚や育児で薬剤師の仕事を離れたとしても、知識や経験があればスムーズに職場復帰ができるでしょう。

年収アップ成功率があがる!

転職を成功させたい
薬剤師の方はこちら

副業・ダブルワークを視野に入れる

研究

薬剤師の専門知識や経験を活用し、「医療ライター」「メディカルライター」として収入を得るという方法もあります。

 医療ライターやメディカルライターは、専門知識が必要なため文字単価が高めに設定されています。

また、在宅ワークが可能な点もメリットです。自分の好きな時間、好きな場所で働けるため本業とも両立しやすいでしょう。

「家事がひと段落した夜」や「育休中」にもできるおすすめの副業です。

ただし、「自分で案件を見つけなくてはならない」「案件ごとに報酬が異なるため収入が安定しない」などのデメリットがあります

 「管理薬剤師」や「公務員薬剤師」は副業やダブルワークが禁止されているほか、企業によって就業規則で副業が禁止されている場合もあるので注意が必要です。

もし就業規則を破ると、何らかのペナルティが課せられる可能性があります。副業を考えるのであれば、職場の就業規則は必ず確認しましょう。

年収アップ成功率があがる!

転職を成功させたい
薬剤師の方はこちら

薬剤師の年収を上げるためのコツ

薬剤師が年収アップを目指すには、どのような点を意識すれば良いのでしょうか。年収アップのコツについて解説します。

年収アップのコツ
  1. 今の職場で昇進する
  2. 役職経験を経た後に転職する

①今の職場で昇進する

薬剤師の年収を上げるためのコツ

今の職場で昇進して年収を上げる方法です。環境を変える必要がないため、最もシンプルで堅実な方法であると言えます。

堅実な方法ではありますが、時間がかかり、思うように給料が上がらない場合もあります。

しかし、薬剤師に関連する資格を取得するなどしてスキルアップすれば、昇進につながる可能性が高いでしょう。

おすすめの資格

薬剤師の年収を上げるためのコツ

例えば、薬剤師に役立つ資格には次のようなものがあります。

薬剤師に役立つ資格
  • 認定薬剤師
  • 漢方薬・生薬認定薬剤師
  • プライマリ・ケア認定薬剤師
  • 在宅療養支援認定薬剤師
  • スポーツファーマシスト

また、難易度は高いですが、次のような専門薬剤師の資格を取得するのもおすすめです。

専門薬剤師資格
  • がん専門薬剤師
  • 精神科専門薬剤師
  • HIV感染症専門薬剤師
  • 栄養サポート (NST) 専門薬剤師

自分が将来どのようなキャリアを積みたいのか長期目標を考えて、生かせる資格を取得することが大切です。
年収アップ成功率があがる!

転職を成功させたい
薬剤師の方はこちら

②役職経験を経た後に転職する

薬剤師の年収を上げるためのコツ

今までの仕事で得た経験やスキルを生かして、より年収が高く待遇の良い職場に転職する方法です。

 特に、役職経験があれば応募時に企業にアピールすることができます。

役職経験があれば、即戦力と判断され、入社後すぐに責任のある仕事を任されることもあるでしょう。

未経験の職種ではなく、今の職場で培ったスキルを生かせる職種選びも、年収アップのための大切なポイントです。

年収アップなら転職エージェントの活用がおすすめ

薬剤師の年収を上げるためのコツ

より効率よく転職を成功させるなら、転職エージェントの活用がおすすめです。

転職エージェントを利用するメリットには、主に次のようなものがあります。

転職エージェントを利用するメリット
  • 企業の希望する人物像に合った応募書類の添削が受けられる
  • 企業ごとの面接対策が受けられるところがある
  • 無料で利用できる
  • 非公開求人を紹介してもらえるところがある
  • 年収交渉を代行してもらえる
  • 面接日程調整などを全て任せられる

転職エージェントは実際に採用担当者とやり取りをしているため、企業が求めている人物像を把握しています。

 企業ごとに沿った書類の添削や面接対策が受けられることも多いため、一人で転職活動をするより内定率がアップしやすいといえるでしょう。

また、一般では公開されていない非公開求人を紹介してもらえることが多い点もメリットです。

求人内容が希望に合わない場合には条件交渉も依頼できるので、良い待遇で転職できるかもしれません。
年収アップ成功率があがる!

転職を成功させたい
薬剤師の方はこちら

薬剤師の転職の流れを解説

カウンターに座っている薬剤師

転職を決意したはいいものの「何から始めたらいいかわからない」という方もいますよね。ここでは、転職活動の流れについて、5つのステップで具体的に見ていきましょう。

転職理由を明確にする

まず、「どうして転職するのか」「転職してやりたいこと」を考えてみましょう。転職動機がブレてしまうと、求人を探す際に、何を基準にしたら良いのかわからなくなります。

 現在の職場や現状の自分に満足していないのであれば、原因はどこにあるのかを深掘りしてみましょう。

例えば「職場の人間関係が良くない」と考えたら、思い浮かんだ理由に対し、「なぜそう思ったか」数回自問自答してみます。

こうすることで自分が無意識に考えていることも把握しやすくなります。

不満点が明確であれば、それがそのまま転職理由に直結しますよね。

数々の不満点を言語化すると、自分の希望する雇用条件も浮かんできます。3点ほど「譲れない条件」を考えておくと、スムーズに求人の選定ができますよ。

年収アップ成功率があがる!

転職を成功させたい
薬剤師の方はこちら

求人を探しつつ、情報収集をする

転職理由が明確になったら、求人を探しながら情報収集をしていきましょう。実際の求人を見ながら情報収集を行うことで、現状の把握や希望条件とのすり合わせが可能になります。

情報収集のポイント
  • 施設形態(ドラッグストア、病院の薬剤部、企業など)
  • 薬剤師を活かして働くことができる職種(MRやCROなど)
  • 雇用条件の相場(給与や収入の平均など)

個人で情報収集を行っていると、「ここが知りたいのに書いてない」と感じることが多くなります。詳細な条件が気になる施設があれば、施設見学や質問を積極的に行っていきましょう。

施設に直接問い合わせるか転職サイトを活用すると、効率的に転職活動を進めることができます。

転職サイトへの登録は、アドバイザーが施設への問い合わせや見学日程の調整を代行してくれるため、おすすめですよ。

求人に応募する

応募したい求人が決まったら、書類を作成し応募しましょう。

作成する書類は、履歴書と職務経歴書が一般的です。

履歴書は経歴や志望動機などを記載し、職務経歴書は仕事での成果や業務内容の詳細を記載します。この2つの書類を綿密に作成することで、自己をアピールしつつ他応募者との差別化が図れますよ。

 転職サイトに登録すると、書類の添削サービスを利用することができます。応募施設の理念や条件を網羅した上で書類を作成できるため、より希望とマッチした転職が可能になります。
年収アップ成功率があがる!

転職を成功させたい
薬剤師の方はこちら

面接を受ける

インタビューする女性

書類選考が通ったら、面接審査に進んでいきます。面接では、下記の3点を意識しましょう。

面接で気を付けるべき3点
  • 身だしなみを整える
  • ハキハキ返答する
  • 挨拶はいつも以上に意識して行う

挨拶や身だしなみは、第一印象を決定づける重要な要素となります。

 人間は無意識のうちに、第一印象を重視しています。清潔感がありコミュニケーションが取れる人材であるとアピールしておきましょう。

採用担当者は、質問への返答ももちろん重視していますが、あなたの受け答えや態度も観察されています。

返答に困っても、「すぐには思い浮かびませんが~ではないかと感じます」など、今自分が考えうる最上の返答で対応しましょう。

無言や小さい声で自信がなさそうな返答になることはなるべく控えましょう。
年収アップ成功率があがる!

転職を成功させたい
薬剤師の方はこちら

内定をもらい退職する

内定をもらったら、なるべく早めに退職を申し出ましょう。退職の1-2ヵ月前に申し出るのが一般的と言われています。退職を申し出る際は、上司と1対1でゆっくり話ができるよう、事前に調整しておきましょう。

退職理由は自己研鑽やキャリアアップなど、ポジティブな理由の方がスムーズに退職が決定しやすいです。

引継ぎや書類整理を最後までしっかり行い、気持ちよく退職しましょう。

薬剤師の企業転職を成功させるコツを解説!

薬剤師の資格を活かして、企業で働きたいという方が増えています。企業は福利厚生が充実しており、一般的な薬剤師と比べると高収入を得られることが特徴です。

ここでは、薬剤師が企業への転職を成功させるコツをご紹介します。

企業で働きたい理由を言語化しておく

あなたはなぜ企業で働きたいと感じましたか?雇用条件面だけでなく、業務内容からも働きたい理由を言語化しておきましょう。

 企業の採用担当者は「なぜ自分の会社に就職しようと思ったのか」を重視する傾向にあります。

企業の理念や方向性も確認しながら、自分のやりたいことを考えていけると良いですね。

年収アップ成功率があがる!

転職を成功させたい
薬剤師の方はこちら

どの職種で働きたいか考える

ひとえに企業で働くといっても、薬剤師資格を活かしながら従事できる職場は様々です。

薬剤師資格を活かして働ける職種
  • 医薬情報担当者(MR)
  • 治験コーディネーター(CRC)
  • 医薬品情報管理業務(DI業務)
  • 臨床研究業務

業務内容を情報収集しながら、自分がどの業務に就きたいか考えてみましょう。これらの業務は、人とのコミュニケーションを取り、調整・連携をしながら進めていく必要があります。

また、どの業務であっても最新の薬剤情報を得ることができるため、人と積極的に関わりつつ、日々向上心を持って業務に携わることができる人は企業での業務に向いています。

転職サイトを活用

企業へ転職したいと思っても、良い求人がなかなか見つからないと感じませんか?企業の求人は人気が高く、クローズドの場での求人や転職サイトに一任されていることが多いのです。

 企業への転職を決意したら、数社の転職サイトに登録することが最短で好条件の求人にたどり着く近道と言えそうです。

転職サイトに登録するだけで、求人に出会う確率が上がり、転職に繋がる可能性が高まります。

複数のアドバイザーの情報から、知識も集まりやすく、場合によってはスキル取得などで市場価値が高まるかもしれません。
年収アップ成功率があがる!

転職を成功させたい
薬剤師の方はこちら

薬剤師の年収アップには転職サイト・エージェントの利用がおすすめな理由

「年収をもっとあげたいけどどうしたらいいのかわからない」と悩む方は多いです。そんな時にはぜひ転職サイトやエージェントを利用してみましょう。

ここでは、年収アップには転職サイトの利用がおすすめな理由を解説します。

(1)自分の強みや得意分野から転職先を探せる

自分の強みや得意分野に特化した転職先を探したいと思うことはありませんか?

やりたい仕事であればやる気やモチベーションも変わりますし、生き生きと働けますよね。

得意なことや強みがわからない場合は、自分の現在までに行った仕事の棚卸しを行い、転職サイトのアドバイザーと相談すると良いですよ。

誰かに相談していると「私これがやりたいんだ!」「得意なことはこれだ!」と腑に落ちることもあります。

 アドバイザーと話しておけば、あなたに合った求人紹介も可能になります。
年収アップ成功率があがる!

転職を成功させたい
薬剤師の方はこちら

(2)条件のいい非公開求人を見ることができる

非公開求人とは、雇用側の意向や希少な求人などさまざまな理由で公開されていない求人のことを指します。

非公開求人は質の高い求人が多いと言われており、転職サイトに登録した方でなければ知ることができません。

転職サイトごとに取り扱っている非公開求人が異なるため、複数の転職サイトに登録している方も多くいます。
年収アップ成功率があがる!

転職を成功させたい
薬剤師の方はこちら

(3)条件交渉を行いやすい

自身で求人を探して応募した場合、条件交渉を行うことはハードルが高いと感じてしまいますよね。

その交渉が内定や就職にどう影響するか未知数ですし、印象が悪くなってしまうのは避けたいところです。

 転職サイト経由であれば、アドバイザーを通して希望をはっきりと伝えることができますし、相手側も条件交渉があることに慣れていることも少なくありません。

条件交渉をしてみることで、年収アップに繋がる場合がほとんどです。

薬剤師の転職におすすめの転職エージェント3選

転職で年収アップを達成することは簡単ではありません。そのため、年収アップを目指す転職の際には転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントは公開すると応募が殺到するような高年収な非公開求人の紹介や、企業・薬局との年収交渉の代行を行ってくれます。
多くの薬剤師の転職サポートを行ってきたエージェントがあなたの転職をサポートしてくれますので、転職の成功率もアップすることでしょう。

お仕事ラボ

お仕事ラボ

おすすめポイント
  • 転職先企業への定着率が95.6%
  • 利用者満足度が90%超え
  • 薬剤師に特化した転職支援サービス

※公式サイトより

お仕事ラボは、薬剤師専門の転職・派遣サービスです。特徴は定着率の高さです。

 お仕事ラボでは紹介後の定着率は95.6%の高水準を実現しています。

業界に精通したコンサルタントが、転職を徹底的にバックアップしてくれます。転職先の事情を把握している担当者が対応してくれるので、利用満足度も90%以上と高水準です。

転職後の面談も実施しており、入社後のサポートも安心です。
運営会社 株式会社AXIS
主なサービス(機能)
  • キャリアアドバイザー
  • 個別面談
  • 応募書類添削サービス
  • 面接対策
  • 入社後のフォローアップ
公開求人数※2021年4月28日時点 23,242件
拠点 東京

薬キャリAGENT

薬キャリAGENT

おすすめポイント
  • 薬剤師の登録者数No.1の実績
  • 47都道府県全てに対応
  • 適性年収がわかる年収診断機能も無料で利用可能

薬キャリは、医療業界とのコネクションがあり、質の高い独占求人を多く取り扱う転職エージェントです。

希望やスキルを面談でヒアリングし、求人を最短即日で最大10件紹介してくれます。

条件が合わなければ、コンサルタントが応募先に直接交渉してくれるので、満足できる転職が実現するでしょう。

 なぜ年収が高いのか、職場の雰囲気など、求人の裏側までしっかり調査しているので安心です。
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
主なサービス(機能)
  • 新着求人メール
  • エージェントサービス
  • 求人紹介
  • 応募書類添削サービス
  • 面接対策
公開求人数※2021年5月18日時点 16,948件
拠点 東京/大阪

ヤクジョブ.com

ヤクジョブ.com

ヤクジョブ.comは、医療・福祉分野に特化した人材サービスを行っているクラシスが運営する転職サイトです。

担当コーディネーターが非公開求人も含めて希望に合った求人を紹介してくれます。

ほぼ毎日情報が更新されているので、最新の求人情報を入手できます。

 お役立ちガイドでは、職種ごとの働き方や人気の資格についても公開しているので、参考にしてください。
運営会社 クラシス株式会社
主なサービス(機能)
  • コーディネーターサービス
  • 提出書類のアドバイス
  • 面接のアドバイス
  • 求人のマッチング
  • 企業訪問レポート
公開求人数 100,155件
拠点 東京/北海道/宮城/埼玉/神奈川/愛知/大阪/広島/福岡

よくある質問

薬局で働く薬剤師の平均年収は?
488.3万円です。薬局で働く薬剤師には主に一般職・管理薬剤師の2種類があり、役職によっても給料が異なります。
薬剤師の平均年収・給料は?
年代・性別によっても平均年収は異なります。20代では男女の平均年収の差はあまりありませんが、30代になると女性は出産や育児などで仕事を離れる時期があるなどの理由が考えられるため、男性と比べ平均年収は低くなっています。
薬剤師で年収1,000万円を目指すことは可能?
実際に1,000万円を超えている薬剤師はあまり多くありませんが、工夫すれば年収1,000万円を目指すことは可能と考えられます。
おすすめの方法は、CRA職として働くことや、製薬会社でMR として功績を残すことなどがあります。
薬剤師が年収を上げるためのコツは?
薬剤師に関連する資格を取得するなどして今の職場で昇進して年収を上げる、管理職などの役職経験を経た後に転職するなどがおすすめです。
より効率よく転職を成功させるなら、転職エージェントを活用しましょう。
薬剤師の転職におすすめの転職サイトは?
ヤクジョブ.com, リクナビ薬剤師、薬キャリAGENTがおすすめです。薬剤師業界に詳しくサポートが手厚いため、今まで発見できなかった質の高い求人に出会えるかもしれません。
応募書類の添削を受ければ、通過率がアップする可能性もあるでしょう。
年収アップ転職なら転職エージェントの活用が良い?
転職エージェントは実際に採用担当者とやりとりを行っているため、企業が求めている人物像を把握しています。
企業ごとに沿った書類の添削や面接対策が受けられることも多いため、一人で転職活動をするより内定率がアップするでしょう。
薬剤師のキャリアプランの考え方は?
自分か将来どのようなキャリアを積みたいのか長期目標を考えて、生かせる資格を取得することがおすすめです。
認定薬剤師やプライマリ・ケア認定薬剤師や、がん専門薬剤師などの専門薬剤師の資格も良いでしょう。

まとめ

今回は、薬局・病院などの薬剤師の平均年収・年代別の給料をご紹介しました。

薬剤師として年収1,000万円を目指すことは簡単なことではありませんが、専門性を磨き、資格取得や管理薬剤師への転職を果たせば実現へ近づけるかもしれません。

また、今回紹介した転職エージェントは幅広い知識を持ったプロが薬剤師の転職をしっかりとサポートしてくれます。

転職エージェントを上手く活用しながら、求人内容を比較して自分にあった応募先を選んで下さい。

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事