薬剤師の転職は東京が高収入でおすすめ?未経験OKの転職サイトも紹介!

「薬剤師のキャリアを生かして転職して年収アップさせたい」「地方より都会に出た方が給料が良いの?」という悩みを持つ薬剤師の方は多いのではないでしょうか?

確かに地方と比較すると東京のほうが求人数が多いことが通常なので、条件の良い求人が見つかる可能性は高いと考えられます。

特に第二新卒・中途採用の場合、キャリアアップを狙えるかもしれません。

そこで今回は次の項目について徹底解説していきます。

この記事でわかること
  • 薬剤師が高収入を目指すためには東京で転職すべき?
  • 薬剤師が東京のハイクラスの企業や病院に就職する方法
  • 未経験OKの東京の薬剤師におすすめの転職サイト・エージェント

薬剤師が転職するのに適したタイミングなども交えて解説するため、ぜひ参考にしてみてください。

東京への転職を目指すなら!

おすすめの転職サイトはこちら!

薬剤師が高収入を目指すには東京で転職するべき?

転職サイトを見ていると、高い年収の東京の求人を見かけることがあるでしょう。高年収を目指すには、東京に転職するのが良いのでしょうか。

東京に転職するメリット

薬剤師が高収入を目指すには東京で転職するべき?

都会に転職するメリットは、主に次のとおりです。

都会に転職するメリット
  • 求人数が多く選択肢が増える
  • 地方と比べて年収が高いものが多い

情報が集まりやすく世界の動きもつかみやすいなどの理由で、主要な企業は本社を東京に置いていることが多いです。そのため、東京には求人数が多いメリットがあります。

また、東京は人口が多いため、企業にとって商売がしやすいというメリットもあります。

 企業の利益が大きければ従業員の年収も高くなるため、地方より年収の高い仕事が見つかりやすいといえるでしょう。

東京なら、地方よりも希望条件に合った求人が見つかる可能性が高まると考えられます。
東京への転職を目指すなら!

おすすめの転職サイトはこちら!

東京に転職するデメリット

薬剤師が高収入を目指すには東京で転職するべき?

都会に転職する主なデメリットは、次のとおりです。

都会に転職するデメリット
  • 物価が高く、生活費がかさむ
  • 人混みが多く通勤ラッシュがある

都会は、年収が高い求人が多い一方で家賃などの物価も高く、生活費がかかってしまいがちです。地方は物価が低い地域が多いため、結果として手元に残るお金は変わらない場合もあるでしょう。

人口の割に道が狭く、通勤ラッシュに巻き込まれやすい点もデメリットといえます。

薬剤師がハイクラスの企業・病院に転職する方法

薬剤師がより年収が良く高待遇な企業・病院に転職するためのコツには、次のようなものが考えられます。それぞれを見ていきましょう。

薬剤師がハイクラスの企業に転職するコツ
  1. 実績を作り給与交渉を行う
  2. 非公開求人から厳選する
  3. 転職エージェントに登録する

①実績を作り給与交渉を行う

薬剤師がハイクラスの企業・病院に転職する方法

今の職場で実績を作れば、転職時にアピールポイントになります。

 実績作りとしては、セミナーを受ける、マネージャー経験をするなどの方法がおすすめです。

また、資格の取得もアピールになるでしょう。薬剤師のスキルアップに役立つ資格には、主に次のようなものがあります。

薬剤師のキャリアアップにおすすめの資格
  • 認定薬剤師
  • がん専門薬剤師
  • 公認スポーツファーマシスト
  • 小児薬物療法認定薬剤師
  • 緩和薬物療法認定薬剤師

資格は専門の知識があることをアピールできるだけではなく、向上心を示せます。また、職場によっては、資格手当がつくこともあるため、年収アップも目指せるかもしれません。

興味のある資格があれば、試験内容や日程などを調べてみましょう。
東京への転職を目指すなら!

おすすめの転職サイトはこちら!

非公開求人から厳選する

薬剤師がハイクラスの企業・病院に転職する方法

非公開求人とは、一般には社名や内容などを公開していない求人のことをいいます。

 非公開求人は、転職サイトに登録する、キャリアアドバイザーから紹介を受けるなどの手段で確認できます。

非公開求人には、応募が殺到するような優良企業の求人や大企業の求人なども含まれるため、今まで発見できなかった求人に出会えるかもしれません。

非公開求人数は転職サイトによっても異なるので、転職サイト選びの際は、非公開求人数にも注目してみてくださいね。
東京への転職を目指すなら!

おすすめの転職サイトはこちら!

【第二新卒・中途採用】薬剤師が転職するベストな時期

薬剤師が転職をするには、どのタイミングがよいのでしょうか。タイミングを知っておけば、計画的に行動できます。

薬剤師におすすめの転職時期

【第二新卒・中途採用】薬剤師が転職するベストな時期

薬剤師の転職におすすめの時期は1月~3月です。会社は年度初めの4月に合わせて人員体制の調整に入り、それに伴い求人数が増える傾向にあります。

1月から転職活動を始められるよう、前もって準備しておけば安心です。

 経歴を整理する、アピールポイントの棚卸しなどをしておけば、希望求人にすぐに応募することができます。

選択肢が増えるこのタイミングを逃さないよう、準備を進めておきましょう。

普段なら発見できないような好条件の求人を見つけられるかもしれません。

第二新卒が転職をするタイミング

【第二新卒・中途採用】薬剤師が転職するベストな時期

第二新卒で転職をするなら、少なくとも1年~2年は勤務して実績を作っておくと良いでしょう。

 1年未満で辞めた経歴があると「採用しても、またすぐに辞めてしまうのではないか」と担当者から思われてしまうリスクがあります。

実績を積んでからの方が、アピールできるポイントが増えることも理由のひとつです。
東京への転職を目指すなら!

おすすめの転職サイトはこちら!

ベテランが中途採用で転職をするタイミング

【第二新卒・中途採用】薬剤師が転職するベストな時期

一般的に、転職は年齢が上がるほどしにくい傾向があります。そのため、転職は早めに行うのがベストです。

 ベテラン薬剤師は人件費が高い、定年までの雇用期間が短いなどの理由で、ポテンシャルのある若手に負けてしまうことがあります。

しかし、今までつちかったスキルや経験は大きな強みです。キャリアを生かして管理職を狙うのも良いでしょう。

東京での薬剤師転職の流れ

東京での転職を決意したものの、どうしたらいいかわからないと感じる方も多いです。

転職サイトへの登録時期や退職を伝える時期なんかも気になりますよね。

ここでは、東京で薬剤師として転職する際の転職の流れについて解説します。

(1)自己分析

転職を考えたら、まずは自己分析を行なっていきましょう。

現在までの経歴を洗い出し、自分にできることや得意なこと、すきなことを見つけていけるとよいですね。

自己分析ができていると、面接や書類作成に役立つだけでなく、今後の業務の取捨選択が可能になりますよ。

 10年後どういった人材になっていたいかという視点で考えてみると、将来の方向性がわかりやすいでしょう。
東京への転職を目指すなら!

おすすめの転職サイトはこちら!

(2)情報収集、求人探し

自身で求人を探してみると、なかなか条件に合う求人が見つからないこともあります。

 求人は3ヶ月から半年前より探し始めると良いと言われています。少なくとも3か月前までには転職サイトに登録しましょう。

転職サイトと言えば求人紹介ですが、求人紹介を受けなければ利用できないということはありません。情報収集や求人検索のみでも使用可能ですので、気軽に登録してみましょう。

求人紹介を希望される場合は、アドバイザーのヒアリングで転職条件を伝えておきましょう。

(3)履歴書作成

メモ

応募したい求人が決まったら、履歴書を作成していきましょう。

あなたがどういった理由で転職を考えているのか、なぜその施設を希望したのかをアピールできるのが履歴書です。

自己分析をした結果をしっかり反映させ、自分の経験や今後やりたいことを書いてみましょう。

 書きたいことはわかるけど、書き方わからないという場合は、アドバイザーの書類添削を活用してみましょう。
東京への転職を目指すなら!

おすすめの転職サイトはこちら!

(4)面接

書類選考に通ると、面接になります。

 面接は、施設長あるいは人事担当者と事務担当者が実施することが多いです。

面接に進んだということは、よりあなたの人間性を知りたいと感じているため、自分の考えについて発言できるよう準備しましょう。

面接で聞かれやすい質問や入職先の情報については、アドバイザーと事前に共有しておけると安心です。

転職サイトの中には、模擬面接サービスを行っているサイトもあるため、活用していきましょう。

(5)内定・退職

内定が出たら、現在の職場に退職の申出を行いましょう。退職の申出は一般的に1か月~2ヵ月前に行った方がよいと言われています。

 退職の理由について、職場に説明する必要はありませんが、聞かれることが多いため注意しましょう。

引継ぎなど漏れがないよう行い、気持ちよく退職できるよう準備しましょう。

東京への転職を目指すなら!

おすすめの転職サイトはこちら!

(6)入職

いよいよ入職となります。入職時に提出する書類に不備がないようしっかり確認しておきましょう。

 面接時や見学時にどういったスキルや知識が必要なのか聞いておくと、入職前にあらかじめ学習しておくことができますよ。

第一印象は重要であり、清潔感のある服装で臨みましょう。

東京での薬剤師転職でエージェント・サイトを利用するメリット

東京は日本の中心地であり、薬局やドラッグストアの数も他県に比べて段違いに多いです。

星の数ほどある施設の中から自分に合った求人を探すのは、手間と時間がかかりますよね。

ここでは、転職サイトや転職エージェントを選ぶメリットをご紹介します。

(1)好条件の求人を紹介してもらえる

転職サイトは公開していない好条件の求人(非公開求人)を持っていることがあります。自身のやりたい仕事や希望条件を話しておくと、非公開求人を直接紹介してもらえることがあります。

好条件の求人を紹介してもらえるため、登録しているだけでもメリットがありますね。
東京への転職を目指すなら!

おすすめの転職サイトはこちら!

(2)情報収集が容易

働く男性

初めての転職では、知らないことが多く、情報収集から始めなければいけませんよね。

転職活動に必要な情報は、転職のノウハウから履歴書作成、面接の服装や退職についてなどなどさまざまな項目があります。

 転職サイトに登録すると、転職ノウハウはもちろん、お役立ちコラムや給料明細公開など薬剤師に役立つ情報を閲覧することができます。

情報がまとまっているため、転職活動もスムーズに進みますね。

(3)土地勘のあるアドバイザーと情報を共有できる

東京での転職は半数以上が他県からの転職と言われています。そのため土地勘がない方も多く、住む場所なども悩んでしまいますよね。

転職サイトのアドバイザーは東京在住で土地勘もあり、病院とコミュニケーションを図っているため、地域の情報も豊富です。

通勤についてのアドバイスも聞くことができるため、地方から上京してくる方にとっては安心ですよね。

【未経験OK】東京都・薬剤師におすすめの転職サイト4選

ここでは、薬剤師の転職におすすめの転職サイトを厳選してご紹介します。

どの転職サイトも未経験歓迎の求人も多く取り扱っているため、若い人にもおすすめです。

お仕事ラボ

お仕事ラボ

おすすめポイント
  • 幅広い雇用形態から選べる
  • 紹介後の定着率が95.6%と高水準
  • 面接にはコンサルタントが同席してくれるので初めてでも安心

お仕事ラボは、正社員・派遣社員・パートなど、幅広い雇用形態の求人を保有している転職サイトです。薬剤師業界に特化したコンサルタントが、あなたにぴったりの求人を見つけてくれます。

 紹介後の定着率は95.6%と非常に高く、転職成功者が多いことがわかります。

未経験歓迎の求人も多く、2021年5月18日現在で3,375件掲載されています。

面接時にはコンサルタントが同席してくれるので、初めての転職活動も安心です。
運営会社 株式会社AXIS
主なサービス(機能)
  • キャリアアドバイザー
  • 個別面談
  • 応募書類添削サービス
  • 面接対策
  • 入社後のフォローアップ
公開求人数※2021年5月18日時点 24,451件
拠点 東京

出典:https://www.oshigoto-lab.com/

公式サイト

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

おすすめポイント
  • 薬剤師の転職支援をして21年の確かな実績
  • 薬剤師に選ばれる転職サイトでNo.1を獲得
  • 専用アプリ「ファルマラボ」は薬剤師に役立つ情報満載

ファルマスタッフは、薬剤師の転職支援実績21年を誇る歴史ある転職サイトです。全国12拠点の情報網からた幅広い求人を豊富に掲載しています。

 薬剤師に選ばれる転職サイトでNo.1を獲得しているので、初心者でも安心して利用できます。

若手薬剤師向けのお仕事無料相談会も全国で開催されているので、まずは参加してみてはいかがでしょうか。

業界情報と医薬品情報が学べる専用アプリ『ファルマラボ』は、スキマ時間の情報収集に役立ちますよ。
運営会社 株式会社メディカルリソース
主なサービス(機能)
  • 個別相談
  • 転職希望地域の転職市場・求人情報
  • 自己分析のサポート
  • 応募書類の添削
  • 面接対策
公開求人数※2021年5月18日時点 61,226件
拠点 札幌/宮城/埼玉/神奈川/東京/千葉/愛知/京都/大阪/兵庫/広島/福岡

出典:https://www.38-8931.com/

※出典:https://www.38-8931.com/, 日本マーケティングリサーチ機構による調査(2019年7月)

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

おすすめポイント
  • 認知度No.1※1・転職支援実績トップクラス※2の安心感
  • 非公開求人を含めた約6万件の豊富な求人数
  • 専任のキャリアアドバイザーが内定まで手厚くサポート

リクナビ薬剤師は、認知度No.1※1なだけでなく、転職支援実績も豊富な大手転職サイトです。登録すれば非公開求人を含めた約6万件の求人の中から選べます。

 求人数が多いため、今まで見つけられなかった求人に出会える可能性が広がります。

また、転職成功事例では、未経験の業界に転職を成功させた実例も公開されています。成功事例は生の声が掲載されているので、転職のイメージがより具体化されるのではないでしょうか。

キャリアアドバイザーが、内定までを手厚くサポートしてくれるので安心ですね。
大手リクルートが運営!

リクナビ薬剤師
登録はこちら(無料)

運営会社 株式会社 リクルートメディカルキャリア
主なサービス(機能)
  • キャリアアドバイザー
  • 企業との条件交渉
  • 職務経歴書の作成サポート
  • 面接の日程調整
  • 条件交渉サポート
  • 面接対策
公開求人数※2021年9月7日時点、東京都の求人数 4,967件
拠点 東京

出典:https://rikunabi-yakuzaishi.jp/
※1 出典:https://rikunabi-yakuzaishi.jp/, 株式会社ジャパン・マーケティング・エージェンシー調べ
※2 公式ページ (https://rikunabi-yakuzaishi.jp/contents/adviser/?mv) の文言によります。

大手リクルートが運営!

リクナビ薬剤師
登録はこちら(無料)

ファーマシスタ

ファーマシスタ

おすすめポイント
  • 採用担当者へダイレクトに相談・応募が可能
  • 「薬剤師・薬学生の為の就活講座」で役立つ知識を集められる
  • 全国の薬剤師や医療従事者によって作られている

ファーマシスタが掲載している求人は、採用担当者が直接作成したものであるため、生の声や実際の感覚に近い職場の魅力がわかります。

 採用担当者へダイレクトに相談・応募ができ、コンサルタントの主観に影響されずに求人を選べるのも大きなメリットです。

なお、こだわり条件検索機能では「未経験者も歓迎」「新卒も応募可能」などが選択できます。また、「薬剤師・薬学生の為の就活講座」では、転職活動に役立つ知識が満載です。

サイトは全国の薬剤師や医療従事者によって作られているので、薬剤師に寄り添ったサービスが魅力ですね。
運営会社 シナジーファルマ株式会社
主なサービス(機能)
  • 採用担当者に直接コンタクト
  • スキルアップ情報
  • キャリアアップ情報
  • 履歴書の書き方
  • 面接時のマナー
公開求人数※2021年9月7日時点 740件
拠点 福岡

※出典:https://pharmacista.jp/

【登録無料】東京都・薬剤師におすすめの転職エージェント4選

応募書類添削や面接対策など充実したサービスが利用できる転職エージェントを厳選して紹介します。

どの転職エージェントも支援実績が豊富で信頼できますよ。

ヤクジョ

ヤクジョ

おすすめポイント
  • 市場に出回っていない求人がある
  • 求人票には載っていない会社の雰囲気がわかる
  • 紹介予定派遣の求人もある

ヤクジョは、担当者が実際に調剤薬局へ足を運んで調剤薬局と関係性を築いている強みがあります。市場に出回っていない求人を紹介してもらえるでしょう。

 企業・薬局レポートでは、キャリアアドバイザーが訪問して取材した求人には載っていない会社の雰囲気や魅力がわかります。

企業とのマッチングから面接日程の調整までサポートしてくれるので、仕事が忙しくても安心です。

いきなり転職するのが不安な人は、紹介予定派遣の求人も紹介してもらえますよ。
運営会社 ジェイ・ネクスト株式会社
主なサービス(機能)
  • キャリアアドバイザー
  • 面接に同行
  • 転職お役立ち情報
  • 応募書類の確認
  • アフターフォロー
公開求人数※2021年5月18日時点 14,102件
拠点 東京

出典:https://www.yakuzaishisyusyoku.net/

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

おすすめポイント
  • 薬剤師転職エージェントの利用満足度No.1の実績
  • 全国拠点があるため、不慣れな土地でも転職活動も可能
  • 役立つコラムや実際の職場への取材コラムが満載

マイナビ薬剤師は、薬剤師転職エージェントの利用満足度でNo.1を獲得した実績がある転職エージェントです。

医療施設や調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社などと密に連携して情報を収集しているキャリアアドバイザーのサポートを受けられます。

 全国各地に拠点があるため、引越し先などで不慣れな土地での転職活動も安心です。

また、転職後のアフターフォローも手厚いので、新しい環境で困ったことがあればいつでも相談できるのも魅力的です。

薬剤師の職場を突撃取材した「薬剤師の職場カルテ」では、写真やインタビューからリアルな声を聞けますよ。
運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • キャリアカウンセリング
  • 応募書類添削サービス
  • 面接対策
  • 退職交渉
  • 転職相談会
公開求人数※2021年5月18日時点 60,526件
拠点 北海道/東京など全国40カ所以上

出典:https://pharma.mynavi.jp/

※出典:https://pharma.mynavi.jp/, 調査実施機関:楽天インサイト、2019年10月、薬剤師の人材紹介サービス15ブランドを対象に調査。

薬剤師ワーカー

薬剤師ワーカー

おすすめポイント
  • ワンランク上の転職を期待できる
  • キャリアアドバイザーが年収交渉サポートしてくれる
  • 未経験でも安心の職場を紹介してもらえる

薬剤師ワーカーは、総合病院、大手薬局、ドラッグストアはもちろん、町の薬局、製薬会社などの希少な求人も多数保有する転職サイトです。ワンランク上の転職を強みとしています。

 登録すれば、公開前の新着求人や非公開求人を優先的に紹介してくれます。

キャリアアドバイザーが年収交渉をサポートしてくれるため、直接応募する場合よりも良い条件で転職を成功させられるでしょう。

また、入職後に「希望していた条件とズレがある」と感じた場合にも、担当アドバイザーが問題解決のために尽力してくれるので、安心してお任せできます。

未経験者には、教育制度の整った職場を紹介してくれるのも、ありがたいですね。
運営会社
  • 株式会社トライト
  • 株式会社トライトキャリア
  • 株式会社トライトエンジニアリング
主なサービス(機能)
  • キャリアアドバイザー
  • 面接の日程調整
  • 面接のアドバイス
  • 応募書類添削サービス
  • 条件交渉サポート
公開求人数※2021年5月18日時点 22,746件
拠点 札幌/東京/大阪/宮城/神奈川/埼玉/千葉/群馬/新潟/愛知/静岡/京都/兵庫/広島/香川/岡山/福岡/熊本/鹿児島/沖縄

出典:https://yakuzaishi-worker.com/

ファーネットキャリア

ファーネットキャリア

おすすめポイント
  • 口コミ・友人紹介満足度98.9%
  • 専属コーディネーターが全国どこでも面談に来てくれる
  • ブランクがあっても安心の復職サポート研修もある

ファーネットキャリアは、口コミ・友人紹介満足度 98.9%と高い水準を誇る転職サイトです。

 専属コーディネーターが面談に来てくれるので、オフィスまで足を運ぶ必要がありません。

掲載求人以外にも全国各地の医療機関情報を元に求人案件を探してくれるため、希望にあった職場をより見つけやすいのも利用するメリットになります。

なお、調剤未経験・職場復帰を目指す薬剤師向けの復職サポート研修も行っており、ブランクがあっても安心です。

転職成功事例では、全国各地の転職実体験を紹介しているので、スキマ時間に見てみましょう。
運営会社 株式会社ユニヴ
主なサービス(機能)
  • 面談シミュレーション
  • アフターフォロー
  • メルマガ
  • お役立ちガイド
  • 復職サポート研修
公開求人数※2021年5月18日時点 25,349件
拠点 東京/大阪/愛知/福岡

出典:https://career.pha-net.jp/

公式サイト

よくある質問

薬剤師におすすめの転職サイトは?
都会への転職を考えている場合には都会の求人に強い転職サイトがおすすめです。一方、Uターン向けには地方の求人に強い、地方に拠点を持つ転職サイトが良いでしょう。非公開求人の数もチェックしてみてください。
薬剤師におすすめの転職エージェントは?
初めての転職活動をする人には、面接時にコンサルタントが同席してくれるなどのサポートがあれば安心です。年収交渉のサポートを依頼すれば、直接応募する場合よりも良い条件での転職が実現できるでしょう。
薬剤師がハイクラスの企業・病院に転職する方法は?
まずは今の職場で実績を作れば、応募時のアピールポイントになります。非公開求人から条件の良いものを見つけてみるのもおすすめです。転職エージェントに登録すれば、条件に合った求人を探してくれます。
高収入を目指すには東京に転職するのが良い?
確かに地方よりも東京の方が年収の高い求人が多い傾向にあります。しかし、都会は家賃などの物価も高いため、地方より生活費にお金がかかってしまう可能性があります。メリット・デメリットを比較して検討しましょう。
薬剤師におすすめの転職時期は?
求人数が多くなる1月~3月の時期がおすすめです。求人数が多ければ選べる選択肢が増えるので、良い条件で転職できる可能性がアップします。このタイミングで動けるように準備を進めておきましょう。
第二新卒が転職をするタイミングは?
新卒から3年以内であれば、第二新卒枠として応募することができます。応募時に前職で学んだことや経験をアピールするためにも、2年程度はキャリアを積んでから転職活動を始めることがおすすめです。
ベテランが中途採用で転職をするタイミングは?
一般的に、年齢が上がるほど転職しにくくなる傾向にあります。ベテランで中途採用を目指すなら早いタイミングから動き始めるのが良いでしょう。キャリアや経験を生かせるハイクラス向けの求人を取り扱う転職サイトがおすすめです。

まとめ

今回は、薬剤師がキャリアや年収をアップさせるために、東京に転職する必要があるかどうかを解説しました。

確かに東京で募集されている薬剤師の転職は、地方と比べて高収入のものが多い傾向があります。また、求人数も多いので条件の良い職場が見つかる可能性も高いと考えられます。

地方から都会への転職を考えているなら、メリット・デメリットを理解した上で検討するようにしましょう。薬剤師未経験者であっても、信頼できるエージェントのサポートを受ければ転職を成功させられるでしょう。

なお、第二新卒・中途採用の薬剤師の転職は、1年を通して求人数が増える1月~3月がよいタイミングです。

今回解説した内容を参考に、しっかりと計画を立てて対策をし、キャリアアップや年収アップを目指しましょう。
こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事