管理薬剤師とは?気になる年収や仕事内容、目指す方法まで詳しく解説

管理薬剤師はどんな仕事をするの?」と考えている人も多いのではないでしょうか。

管理薬剤師には資格が必要だと考えている人もいるかもしれませんが、意外にも資格は必要ありません。

そこで今回は、管理薬剤師について以下の項目を詳しく解説します。

この記事でわかること
  • 管理薬剤師の基本情報
  • 管理薬剤師のメイン業務
  • 管理薬剤師になるにはどうすれば良い?

管理薬剤師を目指したい人は、ぜひ参考にしてみてください。

管理栄養士として転職を目指すなら!

転職エージェント
おすすめ3選はこちら!

管理薬剤師とはどんな職業?基本情報を解説!

指を指す男性

管理薬剤師は、一般的な薬剤師と比べて業務範囲の広さが特徴です。管理薬剤師は、医薬品の管理やスタッフの統括を行います。

 一般的な薬剤師と同じく調剤・服薬指導・販売業務をするほか、現場をまとめる役割がプラスされるイメージです。

現場責任者としての役割を担うので、一般的な薬剤師と比べると責任感は大きくなるでしょう。管理職のプレッシャーを感じることもあります。

管理栄養士として転職を目指すなら!

転職エージェント
おすすめ3選はこちら!

管理薬剤師の平均年収

散らばった紙幣と硬貨

管理薬剤師は、一般的な薬剤師と比べて平均年収が高い傾向にあります。一般的な薬剤師の平均年収がおよそ420万円に対し、管理薬剤師の平均年収はおよそ670万円です。

 約250万円ほど管理薬剤師の平均年収が高い結果になりました。年収アップを目指したい薬剤師にとって、目指すべきキャリアの指標となるでしょう。

一方、平均年収が高くなる分、仕事量や責任感は比例する可能性があります。スタッフをまとめるマネジメント力も必要でしょう。

管理薬剤師の平均年収だけでなく、仕事内容もしっかり把握することが大切です。

出典:人事院

管理薬剤師になるための条件

管理薬剤師になるには特定の専門資格が必須だと思うかもしれません。しかし、実は必須資格はありません

 しかし、管理薬剤師は決まった施設で定められた時間の勤務が求められます。一般的に1日8時間・週40時間以上の勤務が必要です。

また、管理薬剤師には「薬局等を実地に管理する」というルールがあります。このルールを遵守するためにも、1つの職場で働き続ける必要があるでしょう。

1つの職場にフルコミットするため、管理薬剤師は職場選びを慎重に行わなければなりません。
管理栄養士として転職を目指すなら!

転職エージェント
おすすめ3選はこちら!

どんな仕事をする?管理薬剤師のメイン業務

錠剤を見せる人

①医薬品の管理業務

管理薬剤師にとって特に重要となるメイン業務です。施設が保管している医薬品の品質管理や、不備がないかチェックします。

 医薬品の管理業務を怠ると日々の仕事がしにくくなるだけでなく、患者さんに重大な影響を及ぼす恐れがあります。

医薬品の管理は慎重に行う必要があるでしょう。

そのほかにも、医薬品の回収や届け出が必要な物質の届出・保管も行います。施設内にある医薬品をしっかり把握することが大切です。
管理栄養士として転職を目指すなら!

転職エージェント
おすすめ3選はこちら!

②患者への情報提供

向かい合って会話をする女性

医薬品に関する情報を患者へ正確に伝えるのも、管理薬剤師の大切な仕事です。そのため、医薬品に関する情報収集を行う必要があります。

 医薬品の情報は日々アップデートされるので、勉強は欠かせないでしょう。

可能な限り、講習会・セミナーへの参加も求められる場合があります。

また、医薬品に関するカウンセリングを行うほか、副作用が出た場合には患者対応も行います。

医薬品使用者の気持ちに寄り添いながら、カウンセリングやアフターケアを行う必要があります。

③スタッフの管理

スタッフの管理も欠かせません。現場のリーダーとして、統括する役目があります。

 時には、接客態度が好ましくない薬剤師に対しての指導を求められるケースもあるでしょう。

毅然とした態度でしっかりとした指導が求められます。

また、法令遵守がなされているか監督するのも管理薬剤師の役目です。日々の業務を進めるなかで、目を光らせる必要があります。
管理栄養士として転職を目指すなら!

転職エージェント
おすすめ3選はこちら!

【職場別】管理薬剤師の業務内容

棚から箱を取ろうとする男性

管理薬剤師の仕事は、勤める職場によってやや異なります。そこで、管理薬剤師が活躍する職場別に仕事内容を確認していきましょう。

調剤薬局

調剤薬局で働く場合は現場の監督を主に行います。医薬品の在庫管理・品質管理がメイン業務として挙げられるでしょう。

 医薬品は非常にデリケートなため、慎重かつ適切に取り扱う必要があります。

温度・湿度などのわずかな変化も見逃さないことが大切です。調剤薬局の規模によっては、調剤業務や服薬指導も行います。

ドラッグストア

ドラッグストアで働く管理薬剤師は、経営のサポートを行う場合があります。特にフランチャイズ店では、オーナーが医薬品に詳しくないケースも珍しくありません。

 現場責任者として、専門的知識をもとに経営をサポートすることもあるでしょう。分かりやすい情報提供が求められます。

また、ドラッグストアはシフト制が主流です。場合によっては、従業員のシフト作成や調整を行うこともあります。

ドラッグストアでは医薬品以外にも多数の商品を取り扱っているので、売上アップのために商品を把握する必要があるでしょう。

病院

病院の受付窓口

病院には医師が在籍しているため、調剤薬局・ドラッグストアのように管理薬剤師を配置する決まりはありません。

 病院に勤務する管理薬剤師は、一般的な薬剤師と同じ業務を担当する場合が多い傾向です。

ただし、病院によっては調剤部長・薬科長などのポストが設けられています。これらのポストに就任したら、病院内の責任者を任せられることもあるでしょう。

病院ではさまざまな種類の医薬品を扱うことになるため、より徹底した品質・在庫管理が求められます。

企業

製薬会社にも管理薬剤師の配置が義務づけられています。医薬品の製造過程に興味がある人は企業で働くことを視野にいれてみるとよいでしょう。

 企業で働く場合、医薬品の在庫・品質管理、スタッフの指導も仕事内容のひとつになるでしょう。

そのほかにも、デスクワークや資料収集などの業務を担当することもあります。

日々の業務と並行しながら、管理薬剤師としての仕事を進める必要があるでしょう。
管理栄養士として転職を目指すなら!

転職エージェント
おすすめ3選はこちら!

管理薬剤師として働くメリット

風船を持つ女性の後ろ姿

1.ステップアップできる

薬剤師としてステップアップができるのは、大きなメリットです。薬剤師よりもさまざまな業務を担当できるのが管理薬剤師の醍醐味です。

あらゆる業務を経験していくうちに、徐々にキャリアアップしていけるでしょう。

薬剤師として今後のキャリアを迷っている人は、管理薬剤師を目標にするのもおすすめです。

2.年収アップが期待できる

コインと新芽

管理薬剤師になると、年収アップを望めます。職場によっては手当が支給されるため、一般的な薬剤師よりも年収アップする可能性が高いでしょう。

 なお、一般的な薬剤師の平均年収がおよそ420万円に対し、管理薬剤師の平均年収はおよそ670万円というデータもあります。

ただし、職場により管理薬剤師の役職手当や基本給は異なります

年収アップを目指す人は事前に管理薬剤師の給料をリサーチしておくとよいでしょう。
管理栄養士として転職を目指すなら!

転職エージェント
おすすめ3選はこちら!

3.充実感を得られる

管理薬剤師になると責任ある立場で働けるので、自然と仕事に対して能動的になります。

 指示される立場から指示する立場に変わることで、今まで見えてこなかった仕事のおもしろさにも気付けるでしょう。

また、ほかの薬剤師や従業員からアドバイスを求められる場合があります。頼られていることを実感すると、大きなやりがいと自信につながります。

現在よりも仕事のやりがいを感じたい人は管理薬剤師を検討してみてください。

4.転職に有利な経験を積める

向かい合って会話を楽しむ女性

転職に有利な経験を積めるのもメリットです。一般的な薬剤師と比べると、あらゆる仕事を任せられます。

 医薬品を取り扱う業務のほかにも、従業員のマネジメント業務や経営サポート業務を行う機会が多く、さまざまな経験を積めるでしょう。

特にマネジメント経験は転職活動において大きなアピールポイントになり得ます。

今よりも待遇のよい職場へ転職したい人にとって、管理薬剤師の経験はきっとプラスに働くでしょう。
管理栄養士として転職を目指すなら!

転職エージェント
おすすめ3選はこちら!

管理薬剤師として働くデメリット

座って考え事をする女性

1.仕事の負担やプレッシャーが大きくなる

管理薬剤師になると、仕事の負担やプレッシャーが大きくなります。デリケートな医薬品の品質管理は神経を使うでしょう。

 また、薬剤師の指導・監督も管理薬剤師の役目です。時には耳が痛いことも言わなくてはならず、大きな負担がかかる可能性があります。

調剤業務・服薬指導も行う場合があるため、業務量が増大してしまうケースも少なくありません。

最初のうちは業務量をコントロールしにくいと感じることもあるでしょう。

2.副業や兼業ができなくなる

パソコンを操作する人

管理薬剤師は、副業・兼業ができません。管理薬剤師は複数の施設に勤めてはならないと法的に定められているからです。

 一般的な薬剤師なら複数の施設をかけ持ちできますが、管理薬剤師は副業・兼業ができなくなってしまうので気を付けましょう。

ひとつの施設でも十分な収入を得られるよう、職場選びは慎重に行う必要があります。

特に、年収アップを希望している人は求人情報をしっかりチェックしましょう。

3.勤務日数が増える可能性がある

管理薬剤師はシフト作成・調整する業務を担うことも少なくありません。その際、従業員が少ない日に、管理薬剤師がシフトに入るケースもあるでしょう。

特に、土日や祝日・夏季休暇・冬期休暇などはほかの薬剤師が休みがちです。

 人手不足を解消するために、管理薬剤師自らシフトに入るケースも多数見受けられます。

なかには、人手不足をカバーするあまり、以前より勤務日数が増えてしまう人もいるでしょう。

勤務日数が増えると体調を崩しやすくなってしまうため、注意が必要です。

どんな人材が求められる?管理薬剤師に求められるスキル

試験官と薬品

医薬品や医療制度の知識

管理薬剤師は、医薬品や医療制度に精通していることも大切です。

 なぜなら、臨床で用いられる薬には多くの種類があり、次々と新しい薬が販売されるからです。

医療制度も年々変わっていくため、知識のアップデートをしていく必要があります。

さらに、薬局スタッフの中には知識が十分ではない人もいます。よって、しっかりと医薬品・医療制度の知識を持ち、そのようなスタッフに対しても情報を共有しましょう。

管理栄養士として転職を目指すなら!

転職エージェント
おすすめ3選はこちら!

在庫管理・数値管理に関する知識

輪になって会話をする薬剤師たち

医薬品の管理も大切ですが、医薬品の管理には専門的な知識が必要となります。

 具体的には、必要な量の医薬品を把握して正しく備蓄することや、期限切れの医薬品を適切に処分するなどです。

その他、処方箋単価や薬価などにも目を向ける必要があります。

担当の薬局や店舗が売り上げを出せるように、薬を仕入れ額を管理することも必要です。

コミュニケーションスキル

薬局や店舗では多くのスタッフが業務にあたっています。

 従業員を監督し、チームワークを高めることが求められます。

万が一スタッフが患者さんや取引先とトラブルを起こした時には、管理薬剤師がうまく仲裁しなくてはならないのです。

普段の仕事やプライベートでも、さまざまな人と積極的に関わるようにしておきましょう。
管理栄養士として転職を目指すなら!

転職エージェント
おすすめ3選はこちら!

管理薬剤師を目指す方法

パソコン

昇進・昇格をする

管理薬剤師になるために現在勤めている職場で経験を積み、昇進・昇格する方法が挙げられます。

 昇進・昇格によって管理薬剤師を目指すなら、最低でも3年以上の実務経験を積む必要があるでしょう。

早いうちから上司や施設の経営者に意思表示をしておくと、管理薬剤師になるためのアドバイスを得られることもあります。

明確な意思表示をしておくことで、チャンスが回ってきやすくなりますよ。

管理薬剤師の募集求人に応募する

内部昇進以外の方法で管理薬剤師を目指すなら、管理薬剤師の募集求人に応募するのがおすすめです。

 現在働いている職場ですでに管理薬剤師が複数いる場合や、家族経営の職場で昇進が難しいなら、思い切って転職するのもよいでしょう。

その際は薬剤師に特化した転職サービスがうってつけです。専属エージェントが希望条件に合った求人を紹介してくれるでしょう。

転職サービスのなかには選考サポートを実施しているところもあるので、はじめて転職を行う人でも安心です。
管理栄養士として転職を目指すなら!

転職エージェント
おすすめ3選はこちら!

管理薬剤師を目指すなら転職エージェントの利用がおすすめ

パソコンを操作する女性

薬剤師から管理薬剤師へのキャリアアップを目指して転職を検討する場合は、薬剤師に特化した転職エージェントの活用がおすすめです。

転職エージェントの利用には、以下のようなメリットがあります。

転職エージェントのメリット
  • 経験豊富な転職のプロが相談に乗ってくれる
  • 自分に合った求人を紹介してもらえる
  • 応募書類の添削をしてもらえる
  • 模擬面接など面接対策をしてもらえる

また、薬剤師に特化した転職エージェントを選ぶと、一般的な総合型転職エージェントよりも充実した薬剤師求人をチェックすることが可能です。

転職エージェントの多くは無料で登録・利用できるのも、嬉しいポイントでしょう。

業界に精通した転職のプロからアドバイスをもらうことで、よりスムーズに管理薬剤師としての転職実現に近づくことができます。

記事の最後には、薬剤師に特化したおすすめの転職エージェントも紹介します。
管理栄養士として転職を目指すなら!

転職エージェント
おすすめ3選はこちら!

管理薬剤師を目指す際に知っておくべきポイント

眼鏡と鉛筆

職場によって仕事内容が異なることを確認する

管理薬剤師は、どんな職場に勤めるかによって仕事内容が異なる場合があります。例えば、ドラッグストアではシフト作成や医薬品以外の商品管理を行うこともあります。

 管理薬剤師の仕事を目指す場合は、どのような仕事を行うのか事前に確認しておくことが大切です。

どのような仕事をしてみたいのか整理しておくと、求人探しに役立ちます。

わからないことがあれば、問い合わせてみるとよいでしょう。
管理栄養士として転職を目指すなら!

転職エージェント
おすすめ3選はこちら!

労働条件をくまなくチェックする

カレンダーの上に置かれたコーヒー

労働条件を入念にチェックすることも大切です。特に、役職手当や残業手当の項目は慎重に確認しておきましょう。

 役職手当が支給される一方、残業手当が支給されないケースも多数見受けられます。

残業が多そうな職場では注意が必要です。

また、職場の薬剤師の人数を確認しておくのも忘れずに行いましょう。薬剤師が多ければ、マネジメント業務の負担が大きい場合があります。

働きだしてから後悔しないように、事前に確認しておくのがポイントです。

研修制度の有無や内容を確認する

研修制度の有無や内容の確認も怠らないようにしましょう。職場のなかには、さまざまな研修を用意してくれる場合もあります。

 特に、転職先ではじめて管理薬剤師になる人は研修があると実務がやりやすくなるでしょう。

研修によっては従業員のマネジメントも学べるので、スキルアップに役立つ場合があります。

研修があるなら積極的に活用し、業務に役立ててください。
管理栄養士として転職を目指すなら!

転職エージェント
おすすめ3選はこちら!

薬剤師におすすめな転職エージェント3選

お仕事ラボ

お仕事ラボ

おすすめポイント
  • 転職先企業への定着率が95.6%
  • 利用者満足度が90%超え
  • 薬剤師に特化した転職支援サービス

お仕事ラボは、紹介後の定着率が95.6%と高い水準を誇るサイトです。転職先の事情を把握した担当者から具体的なアドバイスをもらうことができます。

 利用者満足度も90%を超えているので、初めて転職をする人でも安心して利用できます。

転職後のサポートも行っているため、転職した先で誰にも相談できず、ひとりでガマンしなければいけないという心配もありません。


お仕事ラボでは業界の動向を見据えた精度の高い求人を紹介してもらえますよ。

※公式サイトより

運営会社 株式会社アクシス
主なサービス(機能)
  • キャリアアドバイザー
  • 個別面談
  • 応募書類添削サービス
  • 面接対策
  • 入社後のフォローアップ
公開求人数※2021年4月28日時点 23,242件
拠点 東京

※出典:公式サイト

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

おすすめポイント
  • 利用者満足度No.1の実績
  • 人気の求人が見つけやすいシステム
  • 薬剤師の転職に関するコラムが充実している

マイナビ薬剤師は、利用者の満足度No.1を誇るサイトです。かかりつけアドバイザーとして転職準備からアフターフォローまでを徹底サポートしてくれます。

 閲覧の多い求人は集計して都道府県別にランキング形式で表示されているので、人気の求人をすぐに見つけられます。

公式サイトも薬剤師の転職に関するコンテンツが豊富なので、転職活動の息抜きに読んでみてはいかがでしょうか。


拠点は全国15カ所にあるので、充実したサポートが受けられるでしょう。

※薬剤師の人材紹介サービス15ブランドにおける調査。実査委託先:楽天インサイト(2020年10月)

運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • キャリアカウンセリング
  • 応募書類添削サービス
  • 面接対策
  • 退職交渉
  • 転職相談会
公開求人数※2021年4月28日時点 36,513件
拠点 東京

※出典:公式サイト

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

おすすめポイント
  • 薬剤師に選ばれる転職サイトNo.1※1
  • 便利な専用アプリあり
  • 土日には来社不要のWeb相談会が開催されている

ファルマスタッフは、薬剤師に選ばれる転職サイトNo.1※1を誇っているサイトです。スキマ時間に情報収集ができる専用のアプリもリリースされています。

 高収入・土日休みなど好条件の求人も多数あり、求人数も業界最大級※2です。

転職相談満足度は96.5%※3と高く、ひとりひとりとしっかり向き合う個別相談なので、希望や悩みをじっくりヒアリングしてくれます。

また、来社不要のWeb相談会は土日も開催されているので、これから転職を始めようか迷っているならまずは相談会に参加してみてはいかがでしょうか。


20代・30代を積極的に採用している求人がピックアップして特集されています。

1:日本マーケティングリサーチ機構調べ(調査月:2019年7月)
※2:公式サイトより
※3:お客様満足度調査アンケート(2018/7/25〜8/22実施)

運営会社 株式会社メディカルリソース
主なサービス(機能)
  • 個別相談
  • 転職希望地域の転職市場・求人情報
  • 自己分析のサポート
  • 応募書類の添削
  • 面接対策
公開求人数※2021年4月28日時点 61,684件
拠点 札幌/宮城/埼玉/神奈川/東京/千葉/愛知/京都/大阪/兵庫/広島/福岡

※出典:公式サイト

よくある質問

管理薬剤師の将来性は?
薬剤師はITの発展とともに減少していくとも言われていますが、まだまだ人材不足と言われています。薬剤師としての技術や知識だけでなく、マネジメント能力も持ち合わせている管理薬剤師の需要は現状維持されていくと考えられ、将来性はあると言えるでしょう。
管理薬剤師の業務量は?
管理薬剤師は基本的に各薬局に1人しかいません。そのため、薬局の患者の履歴や薬剤管理を引き受けなければなりません。管理業務にプラスして調剤も行うことがあるため、業務内容的には負担に感じる薬剤師も多いようです。
転職状況は?
管理薬剤師の転職は、経験があるかどうかを重視されてしまう現状にあります。薬剤師経験が長い場合は、管理業務について把握しておけると良いですね。少しでも経験や実績があれば、転職では有利に働きます。
管理薬剤師の兼務や副業は出来る?
管理薬剤師の兼務や副業は薬剤師法で禁止されていますが、都道府県知事の許可があれば可能です。規制が少し緩和されたものの、業務に支障が出る可能性が高いという認識が多いのが現状です。

まとめ

今回は管理薬剤師が行う仕事内容や、管理薬剤師になるメリット・デメリットを解説しました。

管理薬剤師は一般的な薬剤師よりもさまざまな業務を任せられるため、やりがいや自信につながりやすいでしょう。薬剤師として今よりもキャリアアップしたい人や年収アップを目指す人におすすめです。

記事内では無料で登録・利用できる転職エージェントを紹介したため、キャリアアップを目指す人は、ぜひこの記事を参考にしながら転職活動を進めてみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事