オペ看護師 アイキャッチ画像

病棟で働く看護師のことは知っていますが、手術室で勤務をすることが多いオペ看護師についてご存知でしょうか?

オペ看護師は手術をしている先生に「メス」と言われた時に渡している人の事を言います。

簡単そうな仕事に見えますが手術で使用する器具を覚え、手術する先生の動きを予測して器具を手渡すなど、高度なスキルが求められます。

オペ看護師に興味がある人の中には「オペ看護師になるにはどうすればいいかな」「オペ看護師に向いている人はどんな人だろう」「オペ看護師は使えないって噂は本当なの」と気になっている人もいるでしょう。

本記事では、オペ看護師の業務内容や向いている人の特長・オペ看護師のメリット/デメリットを紹介していきます。記事の後半では、オペ看護師の求人を紹介しているサイトも掲載しているのでぜひ参考にして見てください。

\オペ看護師転職なら/

看護師転職サイト
おすすめ3選

オペ看護師とは|主な業務内容と役割を解説

看護師の女性がこちらを見ている

オペ看護師とは、手術室で働いている看護師のことを言います。

オペ看護師は他にも「ナース」・「オペナース」「オペ看」といった呼ばれ方がされていますよ。

オペ看護師は2つの看護師に分けられます。

2つの役割
  • 器械だし看護師
  • 外回り看護師

以下では、それぞれの役割と求められるスキルについて解説します。

器械だし看護師

手術用具がならでいる

器械出し看護師とは
医療系のドラマでよく見られる、手術をしている執刀医の汗を拭いたり、メスを渡している人のことです。

主に執刀医のサポートだけをしているように見えて、楽な仕事と思うかもしれませんが、手術に使われる10種類以上の器具をすべて覚える必要があります。

求められるスキル

手術も外科系のすべてを担当するため術式も覚えるだけでなく、担当する先生の行動を予測して、次にどんな器具が必要か判断する能力が求められます。

ドラマでは簡単そうに見えますが、手術をする執刀医から全幅の信頼をもらえるようになるには、相当の経験が必要ですよ。
\オペ看護師転職なら/

看護師転職サイト
おすすめ3選

外回り看護師

大きな手で小さな手を握りしめている

外回り看護師とは
手術をしている最中に急遽必要となった機械を用意したり、使用する医薬品の記載などをする裏方の役割です。

外回り看護師で一番重要なのは、これから手術を受ける患者様に声掛けをして不安を取り除ことです。

求められるスキル

外回り看護師は麻酔で眠りについている患者さんの状態を医師に逐次報告します。深く眠りについてしまう全身麻酔の際は、手術の状況を付き添いに来た家族に伝えることも業務の1つです。

下半身麻酔などの意識がある状態で手術の場合、患者さんの不安を取り除くよう声掛けもおこないます。

外回り看護師は主に患者様を中心として、オペのサポートをする役回りですよ。

器械だし看護師と外回り看護師に共通する役割

手術中の様子

器械だし看護師と外回り看護師は、共通して手術の後片付けを任されます。

 オペの終了直前に使用していた器具やガーゼなどの数量を確認します。手術前と数が一致しない場合、患者様の体内にガーゼや器具などが、混入している可能性があるからです。

無事に数が一致すると、手術が終了となり使用した器具や機械の洗浄をします。洗浄は器械だし看護師が行います。

外回り看護師は患者様の身体を拭いたり、血圧や脈拍など術後の状態を医師に伝えます。その後、器械出し看護師と一緒に手術室の片付けや使用した薬品や物品の確認を行い業務終了です。

オペ看護師は「器械出し看護師」も「外回り看護師」ともにこなせるように訓練を行い、兼任する必要がありますよ。
\オペ看護師転職なら/

看護師転職サイト
おすすめ3選

オペ看護師が向いている人

オペ看護師は通常の看護師と違い、専門知識が必要なため希望する人が少ない部署となっています。

どんな人がオペ看護師に向いているのか下記にまとめました。

オペ看護師が向ている人
  • 知識を学び続ける必要がある人
  • 身体的・精神的にタフな人
  • 円滑なコミュニケーションがとれる人

知識を学び続ける必要がある人

本棚の前でどの本を手に取ろうか悩んでいる人

オペ看護師は基本、複数手術を担当します。オペ看護師が担当する手術は主に以下の通りです。

オペ看護師が担当する手術一覧
  • 一般外科
  • 整形外科
  • 脳外科
  • 泌尿器科
  • 心臓外科
  • 形成外科

病院によってはさらに担当する手術が増えるため、それぞれの分野の知識が必要です。整形外科を例にすると新しい医療機器を試す際、勉強会に参加して情報を最新にアップデートする必要があります。

オペ看護師は、さまざまな手術を担当するため学び続ける姿勢や、専門性を高めたい貪欲な方に向いていると言えるでしょう。
\オペ看護師転職なら/

看護師転職サイト
おすすめ3選

身体的・精神的にタフな人

ソファーに座り疲れてそうな人

手術は長時間に及ぶものがほとんどなので、精神的または肉体的にタフでないとオペ看護師は向いていないと言えるでしょう。

 定期の手術以外にも緊急でおこなわれる手術にもオペ看護師は入ります。緊急時の対応でも冷静に対応するブレない精神力が必要と言えます。

病院によっては帰宅後にオンコールで呼ばれ手術を担当するケースもあります。

上記のようなケースが発生してもストレスを感じず、冷静に対応できるタフさがオペ看護師には必要ですよ。

円滑なコミニュケーションがとれる人

コミュニケーションをしている2人

オペ看護師は、手術中や術後の患者様の状態を逐次報告する必要があるため、円滑なコミュニケーションが必須です。また、患者様が手術に対して不安な気持ちを取り除けるよう、寄り添った気持ちも大切です。

コミュニケーションの部分に関しては介護に似ていますね。

手術中は高い緊張感を持ち、術後はリラックスして患者様に寄り添う気持ちの切り替えがすぐにできる人がオペ看護師に向いています。

\オペ看護師転職なら/

看護師転職サイト
おすすめ3選

オペ看護師は病棟で使えないと言われている?

背を向けている男女

看護師の中であるあるなのが「オペ看護師は病棟に来ると使えない」と言われていることです。なぜなら、オペ看護師は通常の看護師と違い、病棟に入るのは手術前後のみだからです。

 オペ看護師から病棟の看護師に異動すると、食事介助や採血が上手にできず周りの職員に迷惑をかけてしまうこともあります。

実際、オペ看護師を経験した人の中には「オペから病棟に異動したが、まったく経験が活かせない」と感じてしまう人もいるでようです。

ですが、他の業務に適応することは誰にとっても難しいことです。

患者様のために業務を覚える強い気持ちがあれば、オペ看護師から病棟の看護師に異動することは可能ですよ。

オペ看護師のメリット・デメリット

オペ看護師を目指そうか悩んでいる方に向けて、オペ看護師のメリットとデメリットを紹介していきます。

オペ看護師のメリット

男性患者と女性看護師が話している

オペ看護師のメリット

最新の医療機器に触れられて知識をアップデートできること。

オペ看護師は手術現場に入り医師のサポートをするため、専門性が高いスキルを身に付けられます。手術の技術は病棟の看護師では学べないので、習得できるとさまざまな病院で活躍できる大きな武器となります。

また、日々進歩していく最新の医療器械に触れるため、技術だけでなく知識も常にアップデートが必要です。

自然とさまざまな医療分野の知識を身に付けられるのは大きなメリットと言えるでしょう。
\オペ看護師転職なら/

看護師転職サイト
おすすめ3選

オペ看護師のデメリット

車いすを押して景色を見ている

オペ看護師のデメリット

患者とのコミニュケーションが取れる機会が少ない

オペ看護師は病棟の看護師と違い、手術前後にしか患者様とコミュニケーションが取れません。

下半身麻酔など意識がある状態は、不安を取り除くよう声掛けしますが、全身麻酔の場合は患者様と話す機会はないです。

患者様とのコミュニケーションをやりがいにしている看護師にとっては、オペ看護師はやりがいが感じにくいと言えるでしょう。

オペ看護師になるには?看護師の資格だけあればOK

青空に向かった親指を立てている

オペ看護師になるには専門の資格などなく、看護師の資格を持っていれば誰でも担当可能。しかし、病棟の看護師では使うことがない器具や手術の術式、使用機械の操作方法など覚えることが非常に多いです。

手術方法に関して最新の状態にしておく必要もあり、手術を担当する医師との呼吸も大切です。

オペ看護師は看護師の資格を持っていればできますが、求められているスキルは非常に高度な職種となっています。

\オペ看護師転職なら/

看護師転職サイト
おすすめ3選

手術看護認定看護師を目指す方もいる

オペ看護師が手術をサポートしている様子

オペ看護師に特化した資格として、手術看護認定看護師というのがあります。

手術看護認定看護師は、そのような複雑な背景を持つ患者さんを、身体的、心理的、社会的な側面から総合的に判断し、患者さんにとってより「安全」「安心」な手術を提供できるように手術室運営やスタッフ教育に関わっています。

引用:国立成育医療研究センター

手術看護認定看護師になるには?

手術認定看護師の資格を取得するためには、5年以上の実務経験と受験資格をクリアして6ヶ月以上の教育を受けて、はじめて審査を受けられます。

認定されると通常のオペ看護師が担当できない、より高度な手術を担当できます。オペ看護師でキャリアアップを目指している方の最終地点として例えられていますよ。
\オペ看護師転職なら/

看護師転職サイト
おすすめ3選

オペ看護師と病棟看護師の年収の違い

床に紙幣が置いてある

オペ看護師は手術を担当するだけでなく、専門性のある高い知識が必要なので病棟の看護師よりも給料面高くなっています。

オペ看護師 約448万円
病棟看護師 約396万円

※勤務している病院によって異なる

病棟の看護師の場合、夜勤の回数によって年収も変わりますよ。

オペ看護師は「手術手当」「当直手当」「待機手当」といった加算があるため、病院によっては高額収入となるでしょう。

\オペ看護師転職なら/

看護師転職サイト
おすすめ3選

オペ看護師は何歳まで?体力勝負なので年齢に限りはない

医療器具が机に置いてある

オペ看護師に年齢制限はなく、身体が限界だと感じるまでは働けます。

病院によっては50代60代のベテランが現役でオペ看護師をしています。

オペ看護師は医師の手元を見られるよう、不自然な姿勢を長時間維持するため、腰を壊しやすいです。

人によってはコルセットや弾性ストッキングを着用して、身体を鍛えながら続けている方もいます。長くオペ看護師を続けている方は、日ごろから身体をケアして対策をすることが大切です。

オペ看護師の求人を紹介してくれる転職サイト3選

タオペ看護師の求人紹介サイト3選
  • 看護roo
  • ナースではたらこ
  • 看護プロ

それぞれのサイトの特長を見ていきましょう。

看護roo!

看護roo!

看護roo!は若手看護師や看護学生を対象とした総合サイトです。看護の求人情報だけでなく、医療ニュースや看護用語辞典、看護技術動画など看護に関するさまざまな情報を掲載しています。

病院やクリニックだけでなく、介護施設で働いている看護師さんの給与明細も公開しているため、参考になりますよ。

看護rooでは、およそ6万件の看護師の求人情報を公開中です。

掲載している求人情報
  • 日勤
  • 病棟
  • 介護施設
  • 精神病院

病棟だけにとどまらず、さまざまな求人を公開しています。施設検索もできるため、家の近くにある施設の名前で検索をかけて、求人が出ているか確認できます。

病棟勤務がはじめての人には転職ガイドを用意しており、どういった業務内容なのか詳しく解説しているため参考になるでしょう。

完全無料で手厚いサポート!

看護roo!
登録はこちら(無料)

運営会社

株式会社クイック

公開求人数(※)

61,119件

主なサービス

求人紹介
履歴書添削
面接対策
面接日程の調整
病院見学
条件交渉
退職アドバイスなど

拠点

東京オフィス
大阪オフィス
名古屋オフィス
神戸オフィス
新横浜オフィス

施設形態

一般病院
大学病院
一般+療養
療養型病院
精神病院
クリニック
訪問看護
介護施設
健診センター
保育園・学校
その他施設

完全無料で手厚いサポート!

看護roo!
登録はこちら(無料)

※2022年3月30日時点
出典:看護roo!公式サイト

ナースではたらこ

ナースではたらこ

ナースではたらこは2022年のオリコン顧客満足度で調査1位の実績がある看護師の転職サイトです。

 看護師の転職サイトの中では最多となる9万件の求人情報を公開。豊富な選択肢から転職先を取捨選択することができるので、自分にぴったりな転職先を見つけられるでしょう。

また、ナースではたらこなら、現場で働いている看護師の仕事内容やお給料事情を都道府県別にランキング表示してくれます。自分の住んでいる地域の平均年収を、知りたい方は参考になるでしょう。

ナースではたらこでは、公開されている求人以外にも無料会員しか見られない非公開案件もありますよ。

運営会社

ディップ株式会社

公開求人数(※)

94,168件

主なサービス

案件紹介
面接調整
履歴書の添削
面接アドバイス
退職アドバイス

拠点

東京(本社)札幌、仙台、新宿、新橋、北千住、デジレバ、渋谷、池袋、立川、町田、川崎、横浜、湘南、千葉、船橋、柏、つくば、宇都宮、大宮、熊谷、高崎、静岡、名古屋、豊橋、金山、岐阜大阪、京橋、難波、堺、京都、神戸、広島、福岡、小倉

施設形態

診療所・クリニック
介護施設
デイサービス・デイケア
訪問入浴
老人保健施設
老人ホーム
グループホーム
産業・企業
保育園・幼稚園

※2022年3月30日時点
出典:ナースではたらこ公式サイト

看護プロ

看護プロ

看護プロは、関東と東海エリアの求人情報を公開している転職サービスです。

関東と東海地方にしか対応していない分、地域に特化したさまざまな求人情報を公開しています。

公開されている案件の中には、託児所が併設された施設も公開されています。小さいお子さんがいるご家庭でも子育てと仕事のバランスを崩さず勤務可能です。

福利厚生はもちろん、他の転職サイトでは公開されていない施設情報の情報を下記の項目に分けて掲載しています。

検索できる項目
  • 地域
  • 診療科目
  • 病院数・入居店員
  • 旧・看護配置基準
  • 救急指定
  • 最寄り駅

看護プロが職場を見学してみてのコメントが記載されているため、どんな職場なのかイメージがしやすいです。

職場の内部情報が豊富!

看護プロ
登録はこちら(無料)

運営会社

株式会社ローザス

公開求人数(※)

7,104件数

主なサービス

面接対策
求人紹介
面接同行
条件交渉
入職後のフォロー

拠点

東京

施設形態

一般・大学病院
一般・療養型病院
療養型病院
リハビリ病院
精神科病院
クリニック
介護施設
介護老人保健施設
特別養護老人ホーム
有料老人ホーム
訪問看護・診療
その他介護
治験関連
保育園

職場の内部情報が豊富!

看護プロ
登録はこちら(無料)

※2022年3月30日時点
出典:看護プロ公式サイト

まとめ

オペ看護師の業務内容や向いている人についての本記事での紹介は以上となります。

記事の内容まとめ
  • オペ看護師には器械出し看護師と外回り看護師の2種類ある
  • オペ看護師は使用する器具や、医療機器など覚える必要がある
  • 身体的・精神的にタフさがある人に向いている職種である
  • 患者とコミュニケーションは取りづらいが最新の医療機器に触れられて知識をアップデートできる

オペ看護師の業務内容はハードですが、病棟看護師よりも年収が高いです。

手術看護認定看護師の資格を取得することで、より難しい手術を担当できるため、オペ看護師を目指す方は手術看護認定看護師を目標にすると良いでしょう。

すでにオペ看護師として活躍している方は、記事内で紹介している転職サイトを利用して、さらにキャリアアップを検討されてみてはどうでしょうか。
完全無料で手厚いサポート!

看護roo!
登録はこちら(無料)

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事