保育士を辞めたあとの転職先は?資格を活かせる職業も詳しく解説

「保育士を辞めたあと、どのような道に進めばいいんだろう…」と迷っている人もいるのではないでしょうか。

保育士を辞めたあとでも、保育士としてのスキルや知識を活かせる仕事が理想ですよね。

しかし、保育士を辞めたあとの情報が少ないこともあり、どの道に進めばいいか分からなくなってしまいます。

そこで本記事では保育士を辞めたあとの進路に関する以下の項目をご紹介します。

この記事でわかること
  • 保育士を辞めたあとの進路
  • 保育士を辞めるおもな理由
  • 保育士を辞めたあと後悔しないためには?

この記事を読めば保育士を辞めたあとの進路を検討できるだけでなく、保育士を辞めたあとに後悔しないヒントを得られます。

保育士を辞めて進路を迷っている人はもちろん、現在保育士として働いている人もぜひ参考にしてみてください。

保育士を辞めたあとはどうする?

保育士を辞めたあとはどうする?

実際に、保育士を辞めたあとはどのような進路があるのでしょうか。考えられる進路は下記のとおりです。

保育士辞めたあとの進路
  1. 異業種へ転職する
  2. 保育士の資格を活かした職業に転職する
  3. 別の保育園へ転職する

1.異業種へ転職する

保育士が異業種へ転職する際、どのような職種が人気なのでしょうか。ここからは、異業種に転職する保育士のおもな就職先をご紹介します。

事務職

事務職は保育士を辞めた後の転職先として人気の職業です。土日休み・残業が少ない職場がほとんどなので、仕事とプライベートを両立できます。

 しかし、事務職へ転職する場合、パソコンスキルを重視される場合があるので注意しましょう。

一般的に保育士はパソコンスキルがあると認識されていないため、履歴書や面接などでパソコンスキルがあることをアピールする必要があります。

また、事務職は倍率が高いことでも知られている職種です。

事務職を希望する場合は、転職活動が長期化することも視野にいれて行動しましょう。

サービス職

保育士を辞めたあとはどうする?

子どもとコミュニケーションをとっていた保育士にとって、明るい笑顔が求められるサービス職は向いている職業といえます。

 特に、遊園地やアミューズメントパークなどのレジャー施設は子どもと関わる機会が多く、保育士としてのスキルを活かせるでしょう。

しかし、サービス職のほとんどは土日に出勤しなくてはなりません。また、決まった曜日に休むのではなく、シフト制を採用している職場も多いでしょう。

絶対に土日に休みたい人やシフト勤務に抵抗がある人には、おすすめできない職種です。

介護職

介護職は人への対応方法や基本理念などが保育士と共通している場合が多い傾向です。そのため、異業種からの転職だとしても、比較的仕事を始めやすいでしょう。

 また、介護職は全体的に人手が不足しているため、転職活動を進めやすいメリットがあります。

介護職といっても必ずしも高齢者を担当するのではありません。児童発達支援センターをはじめとした子どもと多く関わる職場も存在します。

ただし業務量が多く、身体的疲労を抱えがちな点には注意が必要です。オーバーワークにならないよう気を付けましょう。

IT系職種

IT系は今後も需要が高い点や未経験から始められる点でおすすめです。IT業界の業務には様々あり、保育士の情報サービスを扱っている会社などでは保育士としての経験を活かすこともできるでしょう。

将来性の高い業界でスキルを磨き、新しい分野に挑戦してみるのも良いでしょう。

2.保育士の資格を活かした職業に転職する

保育士を辞めたあとはどうする?

続いて、保育士の資格を活かした職業をいくつかご紹介します。それぞれの職業を詳しく確認していきましょう。

ベビーシッター

ベビーシッターは依頼主が希望する時間・人数に合わせて、子どもの面倒を見る仕事です。基本的に1~2人の子どもを担当します。

 保育士との違いとして施設で子どもを預かるのではなく、依頼を受けた場所で子どもの面倒を見ることが挙げられるでしょう。

柔軟な保育サービスを提供できるので、保育士で培ったスキルを試してみたい人にもおすすめです。

なお、ベビーシッターで預かる子どもの年齢は0歳~12歳と幅広い特徴があります。

さまざまな世代の子ども関わりたい人にも向いています。

認定こども園

認定こども園は保育園と幼稚園2つの性質をあわせ持つ施設です。幼稚園の要素が加わることで、保育・教育の両立ができます。

 保育園と大きく異なる要素としては、子どもを指導するスキルが積める点です。

教育にも携わりたい人にとって、おすすめの職場といえます。ただし、認定こども園で働く場合は保育士資格のほかに、幼稚園教諭の資格も必要です。

資格取得に向けて、計画的に動くとよいでしょう。

幼児教室

保育士を辞めたあとはどうする?

保育士資格がある人は幼児教室の講師・スタッフとしても働きやすいでしょう。大手の幼児教室は保育士資格所持者を求めている職場も多く、早期の活躍が期待できます。

 幼児教室にはスポーツ・英語・芸術・受験などさまざまな分野に分かれているため、自分の得意分野を活かせるチャンスです。

またほとんどの幼児教室では、子どもの心・体・知能を伸ばすことを目的としています。

すでに保育士は心・体・知能の知識を習得しており、子どもの能力を伸ばす人材として重宝されやすいでしょう。

学童

学童はおもに小学1年生~3年生が放課後の時間を過ごす施設です。児童館として施設を構えているところもあれば、小学校に併設されている職場もあります。

 学童で働く際に特別な資格は必要ないものの、学童で働く職場の2人以上は放課後児童支援要員の資格が必要です。

保育士の資格があれば放課後児童支援要員として要件を満たせるため、早期に活躍できるでしょう。

なお、放課後児童支援要員は一般の職員よりも給料の高さが魅力です。

子育て支援センター

保育士を辞めたあとはどうする?

子育て支援センターとは地方自治体が運営している施設です。おもな仕事内容として、育児相談や親子が自由に交流できる環境づくりが挙げられます。

 子育て支援センターで働くと保護者から育児の相談を受ける機会が多いため、保育士で培った経験を活かせるでしょう。

また、子育て支援センターでは幅広い年代層とコミュニケーションをとる機会が多い傾向です。

誰に対しても誠実かつ丁寧な対応が求められるのも、子育て支援センターで働く醍醐味といえます。

保育園運営会社

保育士を辞めたあと、保育園運営会社のスタッフとして働くのもおすすめです。おもな仕事内容として、保育士の採用や保育園の運営などが挙げられます。

 実際に保育士として働いた経験を仕事内容に反映できるため、大きなやりがいを持って働けるでしょう。

ただし、子どもと接する機会が減ってしまう点には注意が必要です。

また、現場の保育士よりも経営的な視点を持たなくてはいけません。

3.別の保育園へ転職する

保育士を辞めたあとはどうする?

保育士を辞めたあとは別の保育園て転職するのも有効な手段です。別の保育士に転職することで、どのようなメリットを得られるのでしょうか。

別の保育園へ転職するメリット
  • 人間関係をリセットできる
  • 給料が上がる場合がある

人間関係をリセットできる

別の保育園に転職することで、人間関係をリセットできます。特に、職場の人間関係で悩みを抱えていた人にとって、大きなメリットといえるでしょう。

 人間関係がリセットされることによって、働くモチベーションが高まる人も少なくありません。

もし職場の人間関係で悩んでいる場合は、勇気を出して別の保育園に転職するのもおすすめです。

その際は、可能な限り職場の人間関係の情報を集めるとよいでしょう。

給料が上がる場合がある

別の保育園に転職すると、給料が上がる場合があります。保育士求人のなかには保育士を呼び込むために、高待遇の求人を用意している職場もあるので注目です。

特に、経営状態に優れている保育園は保育士の給料に還元されやすいでしょう。

求人の情報収集をする際は、経営状態まで調べておくことをおすすめします。

辞めて良かった?保育士を辞めるおもな理由とは

保育士を辞めるおもな理由とは?

保育士を辞めるおもな理由にはどのようなものがあるのでしょうか。具体的な退職理由は以下のとおりです。ひとつずつ確認していきましょう。

保育士のおもな退職理由
  • 人間関係
  • 給料の低さ
  • 仕事量が多い

人間関係

保育士を辞めるおもな理由のひとつに、人間関係が挙げられます。特に保育士は女性比率が高いため、女性特有の雰囲気が苦手な人にはなじみにくいようです。

 一度こじれた人間関係の修復は難しいため、苦手意識を感じてしまうと退職せざるを得ない人が少なくありません。

特に、規模の小さい保育園では異動がなく、狭いコミュニティ内で働くことが求められます。

人間関係がギスギスしていると、働いているモチベーションが下がってしまいますよね。

給料が低い

保育士を辞めるおもな理由とは?

給料が低いのも保育士が辞める理由のひとつです。保育士の給料の低さが社会問題になっているほど、深刻な状況に陥っている人も少なくありません。

保育士の給料が低い理由として、財源確保が難しいことが挙げられます。

 保育園の財源は税金によってまかなわれているため、安易に財源確保しにくいのが特徴です。

給料が低いと保育士として働いている意味を見いだせなくなるだけでなく、生活が苦しくなってしまいます。

保育士の給料アップを目的とする政策はあるものの、問題を解決するまでにはまだ時間がかかるようです。

仕事量が多い

保育士の仕事量が多い・給料と見合っていないのも保育士が退職を決意する理由です。

 保育士は子どもと遊ぶことがおもな仕事内容と認識されがちですが、実際はさまざまな仕事をこなさなくてはなりません。

例えば、保育だよりや保護者とのやりとりを行ったり、運動会やお楽しみ会などのイベント企画・準備も保育士の仕事です。

保育士のなかには持ち帰り仕事や休日出勤を強いられている人もいます。

仕事量の多さが退職を考えるきっかけになるのでしょう。

良かったと思える転職を!保育士を辞めたあと後悔しないためにするべきこと

保育士を辞めたあと後悔しないためにするべきこと

保育士を辞めたあと後悔しないために、何をすればいいのでしょうか。それぞれ詳しく確認していきましょう。

後悔しないためにするべきこと
  • 辞めたい理由を整理する
  • 退職後のスケジュールをたてる
  • 自分の強みを考える

辞めたい理由を整理する

保育士を辞める前に、辞めたい理由を整理しましょう。理由があいまいなまま辞めてしまうと、後悔につながる可能性があります。

 辞めたい理由を整理する際は紙とペンを用意し、実際にリストアップしていく方法がおすすめです。

紙に書いていくことで思考が整理され、もやもやとした気持ちもスッキリすることがあります。

辞めたい理由はできるだけ具体的に書いていくとよいでしょう。自分の気持ちに正直になることが大切です。

退職後のスケジュールをたてる

保育士を辞めたあと後悔しないためにするべきこと

勢いで辞めて後悔しないよう、退職後のスケジュールをたてるとよいでしょう。辞めたあとしばらく療養するのか、すぐに転職先で働き始めるのか考えておくことが大切です。

 なお、転職活動は在職中にする方法がおすすめです。退職後に転職活動を行うと焦って転職先を決めてしまいがちです。

特に異業種へ転職する場合は転職活動が長期化する可能性もあります。

転職活動を行う際は、余裕を持ったスケジュールをたてましょう。

自分の強みを考える

退職前に自分の強みを考えておくことも重要です。自分の強みを整理できると、転職先の選考で役立ちます。

 自分の強みがいまひとつ思い浮かばない場合は、キャリアの棚卸しがおすすめです。

キャリアの棚卸しとは、自分が担当していた仕事をひとつずつ紙に書き出し、仕事で得たスキルを結びつける方法です。

キャリアの棚卸しを行うことで、自分が得意とする業務の傾向や適性がわかります。

ぜひ丁寧に時間をかけながら、行ってみてください。

保育士を辞めてしまう前に、転職を検討するのもおすすめ

保育士を辞めてしまう前に、転職を検討するのもおすすめ

現在の職場に不満がある場合は、転職を検討するのもおすすめです。転職することで現在悩んでいる悩みが解決し、保育士を続けられる可能性があります。

実際に、どのように転職活動を進めればいいのか具体的な方法をご紹介します。

転職活動を進める方法
  • 転職サービスに登録する
  • 複数の求人を見比べる

転職サービスに登録する

保育士が転職を検討しはじめたら、転職サービスに登録する方法がおすすめです。特に、保育士に特化した転職サービスなら効率よく転職を進められるでしょう。

 転職サービスのなかには、履歴書・職務経歴書の添削や面接対策を行ってくれるところもあります。

はじめての転職活動に不安を抱えている人でも、専属のキャリアコンサルタントが丁寧にサポートしてくれるので安心です。

無料で利用できるサービスがほとんどなので、気兼ねなく相談できるのも魅力といえます。

複数の求人を見比べる

保育士を辞めてしまう前に、転職を検討するのもおすすめ

転職を検討する際、複数の求人を見比べるのも重要です。給料や休日日数だけでなく、保育園の方針もチェックしましょう。

 なお、保育士に特化した転職サービスのなかには、求人票に掲載されていない情報も提供してくれる場合があります。

例えば、保育園の雰囲気や人間関係などを事前に教えてくれるため、転職後のミスマッチを防ぎたい人にもおすすめです。

複数の求人を見比べることで、自分の希望条件に合う求人が見つかりやすくなりますよ。

保育士におすすめの転職エージェント3選

保育士バンク

保育士バンク

おすすめポイント
  • 保育士求人・転職サービスで6部門No.1を獲得
  • 未経験でも求人を探せる
  • 条件の良い非公開求人も多数保有

保育士バンクは、保育士求人・転職サービスで6部門No.1を獲得している実績のあるサービスです。

 保育業界のプロが厳選するプレミアム求人では、福利厚生が充実している、待遇が良いなど好条件の求人が厳選して紹介されています。

保育学生や資格取得見込み歓迎の求人を揃えた新卒特集では、未経験でも希望の求人を見つけることができるでしょう。なお給与などの条件交渉も依頼できます。

非公開求人も多数保有しているので、気になる方はキャリアアドバイザーに相談してみてください。

※出典:https://www.hoikushibank.com/, 日本マーケティングリサーチ機構:調査概要2019年1月期サイトのイメージ調査

運営会社 株式会社ネクストビート
主なサービス(機能)
  • 転職・就職フェア
  • 専任アドバイザー
  • 面接日程調整
  • 給与などの条件交渉サポート
  • 企業への直接応募
公開求人数※2021年4月29日時点 -(公式ページに求人数合計の記載なし)
拠点 東京/札幌/宮城/金沢/愛知

※出典:https://www.hoikushibank.com/

保育士コンシェル

保育士コンシェル

おすすめポイント
  • 年収アップ事例多数!好条件の求人を多く取り扱い!
  • 園のネットワークが強いから、リアルな内部情報が知れる!
  • アドバイザーが年収交渉を代行してくれる!

保育士コンシェルは完全無料で利用可能な求人サービスです。公式ホームページには利用者の年収アップの声が多く掲載されています。

 月収22〜25万・年間休日120日以上など好条件の求人を多く取り扱っています。

保育士コンシェルと取り扱ってる園は強いネットワークを持っていますので、アドバイザーからはリアルな園の内部情報を教えてもらうことができます。

簡単な質問に答えるだけの30秒診断で転職の相談ができます!
運営会社 株式会社プログレート
主なサービス(機能)
  • LINEで転職相談
  • 保育士転職に役立つコラム
  • 入社後のアフターフォロー
公開求人数※2021年9月3日時点 4,355件
拠点 全国

出典:https://job.hoikushiconcier.com/

ジョブデポ保育士

ジョブデポ保育士

おすすめポイント
  • 求人数1万件以上!
  • 入職するとお祝い金最大10万円もらえる!
  • 全国の求人を取り扱い!

ジョブデポ保育士は業界最大級の求人数を誇る求人サービスです。全国の求人を取り扱っています。

求人数が多いと、選択肢が広がります。自分にぴったりの求人が見つかる可能性もアップしますね!
見事内定を獲得し、入職するとお祝い金をもらうことができます。最大10万円ですので、ぜひ利用してみましょう。電話での相談も非常に丁寧との口コミが多いので、手厚いサポートを受けたい方におすすめのエージェントです!
運営会社 with Career株式会社
主なサービス(機能)
  • 日程調整
  • 条件交渉
  • 選考対策
公開求人数※2021年9月3日時点 10,005件
拠点 全国

出典:https://j-depo.com/hoiku

よくある質問

保育士におすすめの転職エージェントは?
保育士バンクや保育士コンシェル、ジョブデポ保育士などがおすすめです。いずれも保育士の求人に特化しており、豊富な求人数の中から条件に合った仕事を探すことができます。無料で登録・利用できるため、ぜひチェックしてみてください。
保育士を辞めたあとの進路にはどのような道がある?
考えられる進路としては、異業種や別の保育園への転職、保育士資格を活かした職業への転職があります。保育士資格を活かせる職業には、ベビーシッターや幼児教室、学童、子育て支援センターなどさまざまな選択肢があるため、視野を広げて考えてみるのがおすすめです。
年度末まで転職を待つ必要はある?
子どもや保護者の混乱を招かないように、理想としては年度末まで待つことをおすすめします。しかし、大切なのは自分自身の健康です。もし体調が優れなかったり、メンタルが限界達していたら、年度末を待たずに転職することをおすすめします。
引き留めにあったときどうする?
人手不足の保育園では引き留めされる可能性が高い傾向にあります。しかし、引き留めに応じたとしても、現在の状況がすぐに変わるわけではありません。心身ともに体調を崩す前に、毅然とした対応で退職申請を行いましょう。
すぐに辞めるべき職場の特徴は?
すぐに転職を検討すべき職場の特徴として、人間関係がギスギスしている職場が挙げられます。また、従業員を大切にしていない職場も転職を検討すべきでしょう。働くモチベーションが維持できない職場はすぐにでも離れることをおすすめします。
保育士を辞める時に気を付けることは?

保育士を辞める前に気を付けることとして、退職理由を明確にすることが挙げられます。退職理由があいまいなままだと、退職後に後悔してしまいがちです。また、後任の人へ引き継ぎをしっかり行いましょう。子どもや保護者が不安を抱えないためにも、最後まで気を抜かないことが大切です。

転職サービスを利用するとどのようなメリットがある?

保育士に特化した転職サービスを利用すると、自分にぴったりの求人を紹介してくれます。求人探しにさほど時間を割けない人にとって、便利なサービスといえるでしょう。また、応募書類の添削や面接対策などを実施してくれるのもメリットです。はじめて転職活動をする人にとって、心強い味方といえます。

まとめ

今回は保育士が辞めたあとの進路や辞める前に後悔しないポイントを中心にご紹介しました。

保育士は異業種に転職することももちろん可能ですが、思い切って別の保育園に転職すると現在抱えている悩みを解消できる可能性があります。

なお別の保育園に転職する場合は、保育士に特化した転職サービスの利用がおすすめです。自分にぴったりの求人に出会える可能性が高くなるほか、選考対策も実施してくれます。

ぜひこの記事を参考にしながら、保育士を辞めたあとの進路について考えてみてください!

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事