保育士に向いている人の特徴は?適性や向いていない人の対処法も紹介

「保育士に向いている人の特徴を知りたい!」と考えている人は多いのではないでしょうか。保育士に向いていることが分かれば、保育士への夢がより近づくでしょう。

保育士に向いている人の特徴をおさえておくことが重要です。

そこで本記事では、保育士に向いている人の特徴に関する以下の項目をご紹介します。

この記事でわかること
  • 保育士に向いている人・向いていない人の特徴
  • 保育士に求められる能力
  • 保育士に向いている人が活躍できる職場
  • 保育士へ転職する前に考えておくべきこと

現在保育士として働いてる人はもちろん、保育士へ転職を考えている人はぜひこの記事を参考にしてみてください。

保育士への転職を目指すなら!

転職エージェント
おすすめ3選はこちら!

【適正チェック】保育士に向いている人の特徴とは?

【適正チェック】保育士に向いている人の特徴とは?

実際に保育士に向いている人にはどのような特徴があるのでしょうか。以下の特徴を詳しくみていきましょう。

保育士に向いている人の特徴
  1. 子どもが好きな人
  2. 体力に自信がある人
  3. 感情表現が豊かな人
  4. メンタルが強い人
  5. 幅広い年代の人とコミュニケーションとれる人
  6. 観察力が優れている人

1.子どもが好きな人

保育士は子どもと接する時間が長いため、子どもが好きな人は保育士に向いているでしょう。実際に働いている保育士の多くは、子ども好きな人が多い傾向にあります。

 しかしいくら子どもが好きだからといって、子どもを甘やかしたり、子どものわがままにすべて応えてしまうのはよくありません。

子どもが悪いことをしたら時には叱る判断も必要です。

子どもが好きという素質は活かしつつ、子どもの成長を見守る姿勢があれば保育士に向いているでしょう。
保育士への転職を目指すなら!

転職エージェント
おすすめ3選はこちら!

2.体力に自信がある人

【適正チェック】保育士に向いている人の特徴とは?

保育士は体力を使う仕事が多くあります。例えば、子どもと一緒に走り回ったり、子どもをおんぶ・だっこすることもあるでしょう。

また、行事やクラス替えの際は重い荷物を持ち運ぶ必要があります。

 特に若手の保育士は重い荷物を率先して運ぶことが求められることも多く、体力に自信がある人は大いに活躍できるでしょう。

そのほかにも、子どもが多く集まる保育園では風邪をはじめとした感染症が流行しがちです。感染症にかからないようにするためにも、日頃から体調管理を徹底する必要があります。

栄養バランスのよい食事・十分な睡眠など、日々の暮らしに気を配っている人は保育士で働いても体調を崩す心配は少ないでしょう。

3.感情表現が豊かな人

感情表現が豊かな人は保育士の適性が備わっています。なぜなら、子どもは分かりやすいリアクションを求める場合が多く、感情表現豊かな人が好まれる傾向が強いからです。

 例えば「公園にお花が咲いていた!」「上手に工作できた!」のように子どもが報告してきた場合、感情表現豊かに褒めると子どもは満足します。

オーバーリアクションのほうが子どもに分かりやすく伝えられるため、恥ずかしがらずに感情を表現できる人は保育士に向いているでしょう。

感情を表に出して伝えられるのは保育士の大事な要素です。ぜひ積極的にアピールしましょう。
保育士への転職を目指すなら!

転職エージェント
おすすめ3選はこちら!

4.メンタルが強い人

【適正チェック】保育士に向いている人の特徴とは?

メンタルが強い人は保育士に向いているでしょう。子どもは思っていることをすぐ口に出してしまうことが多いので、子どもの言動に傷つかないメンタルの強さが必要です。

また、保護者からクレームを受けても、悩みすぎないポジティブ思考も欠かせません。

 保護者からお叱りを受けたとしても、「今後改善していこう」とポジティブに切り替えることが重要です。

もしメンタルの強さに自信がない人は、日頃から悩みを人に打ち明ける練習をしておきましょう。

1人で悩みを抱え込まないだけでも、メンタルが徐々に強くなっていきます。

5.幅広い年代の人とコミュニケーションとれる人

コミュニケーション能力が高い人は保育士としての素質が大いに備わっています。保育士は人と接する機会が多いため、コミュニケーション能力が高いと仕事に役立つでしょう。

特に、子どもから大人まで幅広い年齢層とコミュニケーションをとれる人は重宝されます。

 子どもはもちろん、保護者とも関係を構築するためにもコミュニケーション力は必須です。

コミュニケーション力は話す力と同様に、聞く力も重要な能力といえます。

傾聴力を養いながらコミュニケーション力を磨いていきましょう。
保育士への転職を目指すなら!

転職エージェント
おすすめ3選はこちら!

6.観察力が優れている人

【適正チェック】保育士に向いている人の特徴とは?

観察力が優れている人は保育士に向いているでしょう。保育士は子どもの表情を見ながら、感情や体調の変化に気付くことが求められます。

 観察力が高ければ高いほど、子どもたちのちょっとした変化にも気付きやすくなるため、保育士しとしての仕事がしやすくなるでしょう。

また、保育士は子どもたちの行動を予測しながら常に配慮しなければなりません。「ここにイスがあれば遊びやすいかもしれない」「ハサミはしまっておこう」など、見通しを立てる必要があります。

観察力が優れている人は見通しを立てる力も大きく、保育士として大いに活躍できるでしょう。

保育士に向いている人が活躍できる職場

保育士に向いている人が活躍できる職場は保育園だけではありません。ここからは、保育士資格があると有利な職業・職場をご紹介します。

保育士に向いている人が活躍できる職場
  1. 幼児教室
  2. ベビーシッター
  3. 学童
  4. 子育て支援センター
  5. 保育ママ

1.幼児教室

保育士に向いている人が活躍できる職場

保育士資格があれば幼児教室でスタッフ・講師として働く際に有利です。子どもと関わることが多いので、子ども好きの人でも楽しみながら働けるでしょう。

 また、幼児教室にはさまざまな種類があるため、自分の得意分野を活かせる点がメリットです。

例えば、スポーツ・芸術・英語・お受験対策などがあります。

昨今は子どもに習い事をさせる家庭も増えているので、幼児教室の需要は高まっていますよ。
保育士への転職を目指すなら!

転職エージェント
おすすめ3選はこちら!

2.ベビーシッター

保育士に向いている人はベビーシッターもおすすめです。ベビーシッターは基本的に1~2人の子どもの面倒を見るので、少人数のお世話をしたい人にも適しているでしょう。

 なお、保育園との違いは子どもを施設で預かるのではなく、依頼を受けた家庭を訪問することです。

家庭によって勝手が異なるので、ベビーシッターの仕事をする際は気を付けましょう。ベビーシッターで面倒をみる子どもの年齢は0歳~12歳程度と幅広いのも特徴です。

あらゆる年代の子どもと関わりたい人に向いています。

3.学童

保育士に向いている人が活躍できる職場

小学生以上の子どもと接したい人は学童のスタッフがおすすめです。小学1年生~3年生までの子どもが多いものの、なかには6年生まで預かっている学童もあります。

 子どもと遊ぶのはもちろん宿題を見たり、おやつの準備を一緒に行うこともあるでしょう。子どもの成長を感じられるので、やりがいを持ちながら働けます。

学童は持ち帰り業務や残業がほとんどないのもメリットです。

ワークライフバランスを重視したい人にも向いているでしょう。
保育士への転職を目指すなら!

転職エージェント
おすすめ3選はこちら!

4.子育て支援センター

地域の子育て支援に興味がある人は子育て支援センターの職員がおすすめです。子育て支援センターでは、育児相談や親子のサポートをメインの業務として行います。

 保護者から相談を受けることが多いので、保育士資格で得た知識を存分に活かせられるでしょう。

育児にまつわる悩みを専門的に答えられると信頼関係を築けます。

幅広い年齢層と接する機会が多いので、コミュニケーション力を活かすこともできるでしょう。

5.保育ママ

保育士に向いている人が活躍できる職場

自宅で預かり保育をしたい人は保育ママとして働くことをおすすめします。保育ママとは、おもに3歳までの子どもを預かる保育支援方法です。

 自宅で子どもを預かることになるため、通勤の手間が省けるメリットがあります。

また、個人事業主として登録されるので、自分の都合に合わせて働けるのも強みといえるでしょう。仕事とプライベートを両立させたい人に向いています。

なお、保育ママは自治体に登録する方法が一般的です。自治体への登録方法も確認しておくと安心できるでしょう。

自治体によっては保育ママ制度がない場合もあるので、興味がある人は問い合わせてみてください。
保育士への転職を目指すなら!

転職エージェント
おすすめ3選はこちら!

保育士に向いていない人の特徴・対処法

ここからは、保育士に向いていないと感じるかもしれない人の特徴をご紹介します。それぞれの特徴は以下のとおりです。

保育士に向いていない人
  1. 消極的な人
  2. 体力がない人
  3. 潔癖症の人
  4. 手先が不器用な人

1.消極的な人

女性

消極的な人や恥ずかしがり屋の人は保育士に向いていない傾向が高まります。保育士は絵本の読み聞かせや歌の時間など、子どもの前で披露する機会が多々あるからです。

 子どもたちが保育士を見て「自分もやってみたい!」と思ってもらえるように、積極的な姿勢が求められるでしょう。

また、消極的な人は保護者との関係を築きにくいデメリットがあります。

もし消極的だと感じているなら、自分から挨拶をする・目を見て話すなどできることからステップアップしていく方法がおすすめです。
保育士への転職を目指すなら!

転職エージェント
おすすめ3選はこちら!

2.体力がない人

体力がない人も保育士の適正を実感しにくいでしょう。保育士は子どもに1日中付きっきりのため、体力を大きく消耗します。

 また、子どもと外で遊ぶ場合は走り回ったりすることも多く、体力に自信がない人は疲れ果ててしまうでしょう。

そのほかにも、重い荷物を持ったりすることも多いので注意が必要です。体力に自信がない場合は徐々に体づくりをしていくとよいでしょう。

栄養バランスのとれた食事・十分な睡眠時間の確保を前提に、適度な運動の継続がおすすめです。

3.潔癖症の人

保育士に向いていない人の特徴・対処法

潔癖症の人は保育士の仕事がしづらい傾向があります。保育士の仕事は子どものオムツを替えたり、食べこぼしを拭くことが求められます。

 また、泥遊びや虫を捕まえて遊ぶケースもあるため、潔癖症の人は保育士に向いていないと感じてしまうでしょう。

汚れを処理したあとは手洗い・消毒などを徹底して行うものの、汚れてしまうことに強い抵抗がある場合は保育士の適正を感じにくいかもしれません。

潔癖症は治していくのに時間がかかりますが、仕事を続けていくと慣れていくケースも多数見受けられます。
保育士への転職を目指すなら!

転職エージェント
おすすめ3選はこちら!

4.手先が不器用な人

手先が不器用だと保育士の業務がやりづらくなってしまうでしょう。保育士はピアノの伴奏や子どもに絵を描くなど、器用さが求められる仕事が多々あります。

 また、行事やイベントの際には飾りつけを手作業で作成する場合もあるため、不器用だと時間がかかってしまうでしょう。

不器用であるがゆえに周りの保育士と自分を比べてしまい、「保育士に向いていないかも」と感じてしまう人も少なくありません。

不器用な人は練習を重ねるほか、器用な人にコツを聞いてみるのもおすすめです。

保育士の業務内容は大きくわけて2つ!

保育士の適正は実際の業務とどのように関わっているのでしょうか。保育士の業務を大きく2つに分類し、それぞれ詳しくみていきましょう。

子どもと遊ぶ

保育士の業務内容は大きくわけて2つ!

保育士のメイン業務には子どもと遊ぶことが含まれます。子どもにさまざまな遊びを経験させることで、社会性や人間関係を築かせるのがねらいです。

また、食事指導や着替えの手伝いなど、日々の生活に直結するお世話もする必要があります。

 子どものモチベーションを保てるよう、根気強く付き合っていくことが求められるでしょう。

そのほかにも、子どもが安心して過ごせるように環境を整えるのも重要な仕事です。

教室内のレイアウトを考えたり、ハサミやカッターなど危ないものはよけておくなど観察力を持つことが大切ですね。
保育士への転職を目指すなら!

転職エージェント
おすすめ3選はこちら!

事務作業

保育士は子どもと遊ぶ以外にも、事務作業の割合が非常に高い職業といえます。例えば、保護者と連絡帳のやりとりをしたり、業務報告書を書くのも業務の一環です。

 また、ルーティン業務に加えて長期的な仕事も求められます。卒業アルバムの制作に向けて、行事ごとの写真管理を求められることもあるでしょう。

事務作業は締め切りを管理する力とコツコツ継続する力の両方大切です。

事務作業が苦手な人は管理能力と継続力の2つを意識して取り組んでみてください。

保育士適正がないと仕事は続けられない?

保育士適正がないと仕事は続けられない?

適正がないと保育士の仕事を続けられないと考えがちですが、そんなことはありません。なぜなら、保育士の適正は働いていくうちに身に着けられる場合がほとんどだからです。

 特に、コミュニケーション力や観察力は働いていくうちに能力を伸ばすことができるでしょう。

また最初のうちは体力に自信がなくても、日々の業務をこなしていくちに自然と身に着けられます。

なお「東京都保育士実態調査」によると、保育士の退職理由は結婚や妊娠出産・給料・職場の人間関係の割合が大きい傾向です。

「保育士に向いていない」という理由で辞めている人は6%ほどしかいないため、適正がなくても仕事を続けられないわけではありません。

子どもが好きだからという揺るぎない想いさえあれば、保育士の仕事を続けられるでしょう。

参照:東京都保育士実態調査

保育士への転職を目指すなら!

転職エージェント
おすすめ3選はこちら!

保育士がどの職場に向いているか見分けるコツは?

「この職場、自分には合わないかも…」と感じたことはありませんか?せっかく保育士になっても、自分に向いていない職場で働くのは苦痛ですよね。

ここでは、自分がどういう職場に向いているか見分けるコツについて解説します。

(1)自己分析をする

まず、自分のやりたいことや得意を見つけるために自己分析をしてみましょう。自己分析と聞くと、「難しそう」「よくわからない」と感じる方もいるかもしれませんね。

しかし、実際やってみると、自分の価値観がだんだんわかってくるためおすすめです。

現在行っている業務を書き出し、その情報を好きか嫌いか、苦手か得意かで分けてみると、スムーズですよ。
保育士への転職を目指すなら!

転職エージェント
おすすめ3選はこちら!

(2)その職場で身に付くスキルの情報を集める

自己分析をしていくと、将来的にこうなりたい、こういう仕事に就いていたいというビジョンが少しずつ明確になります。自分の目指すキャリアを実現できる職場を探していくと良いでしょう。

業務内容について細かく情報収集できると、自分に向いている職場が見つかる可能性が高まりますよ。

とはいえ、転職先の情報を集めるのは骨が折れる作業ですし、直接聞かないとわからないことも多いです。

次に説明する見学時に質問するのも良いですし、聞きにくいことは転職サイトのアドバイザーにお任せするという方法もありますよ。

(3)見学にいき、園長や施設長の話を聞く

自分が転職したい施設への見学は、なるべく行うようにしましょう。直接見学を行うことで、下記のメリットがあります。

見学を行うメリット
  • 園長やスタッフの雰囲気やコミュニケーションがわかる
  • 多くの質問ができる
  • 業務について具体的にイメージしやすい
  • 立地や通勤のしやすさなどがわかる
  • 保育方針に沿った保育を行っているか観察できる

特に園長とのコミュニケーションをしっかり行いましょう。保育に対する考え方は、言動にも表れてきます。

違和感がある場合は、応募を考え直すきっかけにもなりますよ。
保育士への転職を目指すなら!

転職エージェント
おすすめ3選はこちら!

保育士に向いている人が転職を考える前にしておくべきことは?

保育士への転職を考える前にしておくべきことは?

最後に、保育士への転職を考える前に確認しておくべきポイントをご紹介します。確認ポイントは以下のとおりです。

保育士の転職を考える前にしておくべきこと
  1. 保育士資格を目指す
  2. 転職エージェントを活用する

1.保育士資格を目指す

保育士に転職したい場合は保育士資格が欠かせません。学科試験・実技試験に備えて、徹底的に準備を行いましょう。

なお、職場によっては保育士資格がなくても保育園で働ける場合があります。保育士資格が必要かどうか求人をしっかり確認しておきましょう。

働きながら保育士資格を勉強できるので、転職を急いでいる人にもうってつけです。
保育士への転職を目指すなら!

転職エージェント
おすすめ3選はこちら!

2.転職エージェントを活用する

保育士の転職に不安を抱えているなら転職エージェントの活用がおすすめです。なかには、保育士転職に特化した転職エージェントもあるため、効率的に転職活動を進められるでしょう。

 転職エージェントを利用すると、応募書類の添削や面接サポートを受けられます。

初めて転職活動をする人でも心強い味方になってくれるでしょう。なお、転職サービスによっては、給料や入社日を交渉してくれるところもあるので、積極的に活用してみてください。

専属エージェントと2人3脚で転職活動を進められるため、分からないことや困ったことがあればすぐに相談できますよ。

保育士におすすめの転職エージェント3選

保育士バンク

保育士バンク

おすすめポイント
  • 保育士求人・転職サービスで6部門No.1を獲得
  • 未経験でも求人を探せる
  • 条件の良い非公開求人も多数保有

保育士バンクは、保育士求人・転職サービスで6部門No.1を獲得している実績のあるサービスです。

 保育業界のプロが厳選するプレミアム求人では、福利厚生が充実している、待遇が良いなど好条件の求人が厳選して紹介されています。

保育学生や資格取得見込み歓迎の求人を揃えた新卒特集では、未経験でも希望の求人を見つけることができるでしょう。なお給与などの条件交渉も依頼できます。

非公開求人も多数保有しているので、気になる方はキャリアアドバイザーに相談してみてください。

※出典:https://www.hoikushibank.com/, 日本マーケティングリサーチ機構:調査概要2019年1月期サイトのイメージ調査

運営会社 株式会社ネクストビート
主なサービス(機能)
  • 転職・就職フェア
  • 専任アドバイザー
  • 面接日程調整
  • 給与などの条件交渉サポート
  • 企業への直接応募
公開求人数※2021年4月29日時点 -(公式ページに求人数合計の記載なし)
拠点 東京/札幌/宮城/金沢/愛知

※出典:https://www.hoikushibank.com/

保育士コンシェル

保育士コンシェル

おすすめポイント
  • 年収アップ事例多数!好条件の求人を多く取り扱い!
  • 園のネットワークが強いから、リアルな内部情報が知れる!
  • アドバイザーが年収交渉を代行してくれる!

保育士コンシェルは完全無料で利用可能な求人サービスです。公式ホームページには利用者の年収アップの声が多く掲載されています。

 月収22〜25万・年間休日120日以上など好条件の求人を多く取り扱っています。

保育士コンシェルと取り扱ってる園は強いネットワークを持っていますので、アドバイザーからはリアルな園の内部情報を教えてもらうことができます。

簡単な質問に答えるだけの30秒診断で転職の相談ができます!
運営会社 株式会社プログレート
主なサービス(機能)
  • LINEで転職相談
  • 保育士転職に役立つコラム
  • 入社後のアフターフォロー
公開求人数※2021年9月3日時点 4,355件
拠点 全国

出典:https://job.hoikushiconcier.com/

ジョブデポ保育士

ジョブデポ保育士

おすすめポイント
  • 求人数1万件以上!
  • 入職するとお祝い金最大10万円もらえる!
  • 全国の求人を取り扱い!

ジョブデポ保育士は業界最大級の求人数を誇る求人サービスです。全国の求人を取り扱っています。

求人数が多いと、選択肢が広がります。自分にぴったりの求人が見つかる可能性もアップしますね!
見事内定を獲得し、入職するとお祝い金をもらうことができます。最大10万円ですので、ぜひ利用してみましょう。電話での相談も非常に丁寧との口コミが多いので、手厚いサポートを受けたい方におすすめのエージェントです!
運営会社 with Career株式会社
主なサービス(機能)
  • 日程調整
  • 条件交渉
  • 選考対策
公開求人数※2021年9月3日時点 10,005件
拠点 全国

出典:https://j-depo.com/hoiku

よくある質問

経験年数が少ないですが転職できますか?
経験年数が少ない場合も転職は可能です。しかし、なぜ経験が少ないのかをしっかり説明する必要があるでしょう。また、入職してからの目標や今の自分のスキルでやりたいことを伝えられると好印象となります。
ブランクがありますが転職に向けてやるべきことは?
現在保育士不足は社会問題として注目されています。そのため、各自治体で潜在保育士の研修やセミナーが行われています。積極的に参加することで、現在の保育業界についての知識を高められますし、入職先へのアピールになりますよ。
人間関係が心配です…。
保育士は女性が多い職種でもあり、人間関係を気にされる方が多いです。内部情報について情報収集したいと感じてもなかなか情報がつかめないこともありますよね。転職サイトに登録すると、保育園と直接やりとりしているアドバイザーが、雰囲気や体制、離職率などの情報を提供してくれるため、人間関係が心配な方は、転職サイトに登録して情報を集めましょう。
保育士の将来性は?
少子化が叫ばれていますが、保育士不足である現状は売り手市場と言えるでしょう。低賃金が注目され、賃金の見直しも図られています。保育士のキャリアアップ研修が導入されるなど、今後キャリア制度についても改善していく可能性が高く、今将来を考えておくことで将来性は高くなりそうです。
残業が少ない職場は?
残業が多く、不規則なのは保育園や幼稚園でしょう。保護者のお迎えに合わせた開園時間となっており、お手紙や書類の作成も多いです。学童保育や子育て支援センターは、時間が決まっているため、残業は少ないでしょう。自分の隙間時間で働くなら、決められた時間のみ稼働するベビーシッターもおすすめですよ。
転職サイトを使うメリットは?
転職サイトのサービスは、求人紹介・書類添削・面接対策などもありますが、一番はアドバイザーとやり取りしながら転職活動ができることでしょう。内部情報の把握・手続き代行・条件交渉などすべてアドバイザーが代行して行ってくれるため、忙しい保育士も安心して任せることができます。
今在職中ですが、転職サイトに登録できますか?
在職中でも転職サイトへの登録は可能です。転職サイトは、求人の検索はもちろん、転職の流れや退職についてのアドバイスなど、さまざまな情報が載っているため、情報収集にも役立ちます。情報収集のためだけに登録するという方もいます。

まとめ

今回は保育士に向いている人・向いていない人の特徴をご紹介しました。保育士に適正がある人の特徴は、子ども好きの人・体力がある人・コミュニケーション力が高い人などさまざまです。

しかし、現段階で保育士適正がないからといって、保育士の仕事ができないとは限りません。適正は働いていくうちに磨かれる場合も多く、日々の仕事に一生懸命取り組むことが重要です。

保育士への転職を考えている場合は保育士資格の取得を目指すほかにも、保育士に特化した転職エージェントの活用を検討してみるとよいでしょう。

ぜひこの記事を参考にしながら、保育士のキャリアを積み上げてください!

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事