保育士の転職には面接対策がポイント!よくある質問や回答例も紹介

「保育士へ転職するための面接が心配…」と考えている人も多いのではないでしょうか。

保育士へ転職するにあたり、面接は欠かせません。面接が苦手な人は克服しなければならなでしょう。

しかし、実際に保育士の面接はどのようなポイントが重視されるのか気になりますよね。

そこで本記事では、保育士の転職に欠かせない面接にまつわる以下の項目をご紹介します。

この記事でわかること
  • 面接官が見ているポイント
  • 面接前・面接中・面接後に気を付けるポイント
  • 面接で聞かれやすい質問
  • 面接に合格しやすい人の特徴

この記事を読めば面接のポイントがわかるだけでなく、面接で聞かれやすい質問面接に合格しやすい人の特徴を把握できます。

これから保育士の面接を受ける人はもちろん、保育士の転職を視野にいれている人もぜひ参考にしてみてください。

保育士転職に面接はマスト!面接官はどこを見ている?

ガッツポーズをしている男女の保育士

実際に、面接官はどこのポイントを重視しているのでしょうか。具体的な5つのポイントをそれぞれ詳しくご紹介します。

面接官が見ているポイント
  • コミュニケーション力
  • やる気や熱意
  • マッチング度合い
  • 保育士の経験・スキル
  • 退職理由

コミュニケーション力

保育士にとってコミュニケーション力は重要なスキルといえます。保育士の仕事は子どもとのやりとりはもちろん、保護者と関わる機会が多いからです。

 そのため、保育士の面接はコミュニケーション力の有無を確認される可能性が高いでしょう。

コミュニケーション力を意識するためには、面接官からの質問にしっかり答えることが大切です。

聞かれたことに対して簡潔に答えるだけでも、コミュニケーション力を評価してもらえますよ。

やる気や熱意

やる気や熱意も面接で注目されやすいポイントです。やる気がないように見られると、「真面目に働いてくれるのか?」と疑問を持たれてしまいます。

 やる気や熱意を面接官にアピールするためには、保育士としての目標をきちんと伝えられるとよいでしょう。

例えば、5年後・10年後保育士としてどのようなキャリアを描きたいか明確にしておくと、やる気や熱意をアピールできます。

やる気や熱意は経験の浅い保育士が特に注目されがちです。保育士のキャリアについてしっかり考えておきましょう。

マッチング度合い

インタビューしている女性

面接中にはマッチング度合いも重視されます。求職者と保育園の方針・雰囲気が合うかどうか確認される可能性が高いです。

 マッチング度合いを高めるためには、志望先の保育園をきちんと下調べしておくことが大切です。

特に保育方針や保育観などは入念にチェックしておきましょう。調べた内容を志望動機や自己PRに盛り込めるとベストです。

しかし、マッチング度合いは面接官の主観が大きく含まれます。

無理に合わせようとするのではなく、自分らしさを持つことも必要です。

保育士の経験・スキル

保育士の経験・スキルも面接中に確認される場合があります。特に、保育士経験の長い求職者の経験・スキルが注目されがちです。

 面接中に保育士の経験・スキルをきちんと伝えるためにも、事前にこれまでのキャリアを振り返っておくとよいでしょう。

例えば、クラス担任をした経験や運動会・お楽しみ会などの行事リーダーをした経験があれば、面接官にアピールできます。

保育士の経験が浅い人もキャリアを振り返ることで、アピールできる要素を見つけられます。

退職理由

退職理由が気になっている面接官も多いでしょう。「また同じ理由で辞めてしまうのでは?」と心配になってしまう面接官も少なくありません。

 退職理由を伝える場合は、できるだけポジティブな理由にしておくことが大切です。

たとえネガティブな理由で退職を考えていたとしても、そのまま伝えてしまうと面接官に好印象を与えられません。

退職理由をポジティブに変換することで、気持ちも明るくなります。意欲的な退職理由となるように工夫しましょう。

服装や持ち物は?面接前・面接中・面接後に気を付けるべきことと

インタビューする女性

 面接前・面接中・面接後にはどのようなことに気を付けるべきなのでしょうか。シーンごとに確認していきましょう。

面接前

まずは、面接前に気を付けるべきことをご紹介します。面接前に気を付けるべきポイントは以下のとおりです。

面接前に気を付けるべきこと
  • 保育園の下調べ
  • 持ち物の準備
  • 身だしなみを整える
  • 時事ニュースのチェック
  • 面接場所・時間の再確認

保育園の下調べ

志望する保育園の情報は入念にチェックしておきましょう。特に、保育園の方針や保育観などは重要なポイントです。

 保育園の下調べをしておくと、志望動機や自己PRを考える際に役立ちます。

共感できるポイントを書き出すのもおすすめです。保育園の情報はパンフレットやホームページなどに記載されています。

わからないことがあれば、直接問い合わせてみるのもよいでしょう。

持ち物の準備

面接当日に慌てることが無いよう、事前に持ち物の準備をしておきましょう。特に、履歴書・職務経歴書を忘れないようにしてください。

 履歴書・職務経歴書はカバンの中で折れたり破れたりしないように、硬めのファイルにいれておくと安心です。

また、志望先のパンフレットや求人票のコピーなどを持参しておくと、面接前の事前チェック時に役立つでしょう。

保育園によっては上履きやスリッパを持ってくるように言われる場合があります。忘れずに用意しましょう。

身だしなみを整える

考え事をしている女性

面接官は求職者の身だしなみを最初に確認します。そのため、面接前には身だしなみを整えるよう意識しておくことが大切です。

 スーツにほこりやフケがついていないかチェックしましょう。エチケットブラシの持参がおすすめです。

また、ミディアム~ロングヘアの人は髪の毛をまとめておきましょう。一つに束ねておくことで、清潔感を演出できます。

普段ピアスや大きめのアクセサリーをつけている人は面接前に必ず外しておいてくださいね。

時事ニュースのチェック

面接では「最近気になるニュースはありますか?」と質問されることがあります。そのため、時事ニュースを確認しておきましょう。

 時事ニュースをチェックする際は、保育や子どもに関わるニュースがベストです。仕事への意欲・関心があることをアピールできます。

新聞やニュースなどはもちろん、厚生労働省のホームページなどをチェックする方法がおすすめです。

「なぜこのニュースに興味があるのか?」ということも含めて、時事ニュースを2~3個ピックアップしてみてください。

面接場所・時間の再確認

面接当日は遅刻厳禁です。そのため、事前に面接場所・面接時間を再度確認しておくことをおすすめします。

 もし面接場所が普段行き慣れていないエリアなら、地図アプリに登録しておくとよいでしょう。

また、電車・バスを使用するなら乗り換え方法もチェックが必要です。当日慌てないためにも、準備を怠らないようにしましょう。

当日は時間に余裕をもった行動を心がけてください。

面接に行くまでの道のりを頭の中でシミュレーションするのもよいでしょう。

面接中

向き合って話し合う人

続いて、面接中に気を付けるべきポイントをいくつかご紹介します。それぞれ詳しく確認していきましょう。

面接中に気を付けるべきポイント
  • 携帯の電源はオフにする
  • 明るく・ハキハキとした話し方を心がける
  • 入退室のマナーに気を付ける

携帯の電源はオフにする

面接中に携帯の着信音が鳴ってしまうのは、好ましくありません。面接官によっては、減点してしまう人もいるでしょう。

 面接前に携帯の電源を必ずオフにし、面接中に着信音が鳴ってしまうのを防ぐことが大切です。

携帯の電源を切り忘れることが無いように、自分のなかでルールを決めておくとよいでしょう。

志望先の保育園の入口で携帯の電源をオフにすると決めておくと、電源切り忘れを防げるので安心です。

明るく・ハキハキとした話し方を心がける

会議中に発言している人

面接中は明るく・ハキハキとした話し方を心がけてください。ポジティブな印象はプラス評価につながります。

 明るい印象を持ってもらうためにも、最初の挨拶を元気よく行うことがポイントです。面接官の目をしっかり見ながら挨拶しましょう。

質問には結論ファーストで答える

また、聞かれた質問に対して簡潔に答えるのも大切です。長々と話してしまうと、結果的に何を伝えたいのかあやふやになってしまいます。

話の構成
  1. 結論
  2. その理由(自分のエピソードや事例を元に具体的に)
  3. まとめ(結論の再主張)

話が整理されていると、面接官に話が明確に伝わることに加え、論理的思考やコミュニケーション力が優れている点で高い評価に繋がります。

質問に対して簡潔に答える練習を事前にしておくのもよいでしょう。

入退室のマナーに気を付ける

入退室にもマナーがあります。失礼が無いようにマナーを確認しておきましょう。

 入室の際はノックを3回し、「失礼いたします」と声をかけます。扉をあけて一歩入ったら、面接官にお辞儀をしましょう。

面接官に座るよう促されたら、再び「失礼いたします」と一言いれて着席します。面接官に言われる前に座らないよう注意してください。

退室する際は「本日はありがとうございました」とお礼を伝えます。扉の前で再びお辞儀をし、感謝の気持ちを伝えましょう。

入退室のマナーがスムーズにできていると好印象を持たれます。心配であれば練習しておくのもおすすめです。

面接後はお礼状を送付するのもおすすめ

パソコンに文字を入力する人

面接後にお礼状を送付しておくと、丁寧な人柄という印象を持たれる可能性が高いでしょう。

 お礼状を送付する際は相手側の負担にならないよう、メールで送付する方法がおすすめです。

面接の時間を設けてくれたことに対して、感謝の気持ちを伝えるとよいでしょう。

お礼状を送ったからといって合否の結果が変わるわけではありませんが、感謝の気持ちを伝えたい人におすすめです。

面接で聞かれやすいこととは?回答例もチェック!

イスに座って話している男女

面接で聞かれやすい質問を事前に知っておくと、余裕を持って面接に挑めます。ここからは、回答例とともに面接で聞かれやすい質問を確認していきましょう。

面接で聞かれやすい質問
  • 志望動機
  • 長所・短所
  • 前職を辞めた理由
  • 保育士の理想像
  • 逆質問

志望動機

回答例

貴園を志望した理由は、子どもひとり一人と向き合う貴園の方針に共感したからです。貴園の見学に伺った際、お迎えが遅い子どもに丁寧に接している保育士の方が印象的でした。

私も貴園で働かれている方のように、子どもひとり一人と向き合える保育士になりたいと考え、志望いたしました。

志望動機はオリジナリティーを出すのがポイントです。保育園見学に行った人はそのときのエピソードを交えるとよいでしょう。

具体的なエピソードがあることで、説得力のある志望動機になりますよ。

長所・短所

回答例

長所はコミュニケーション力です。現職では保護者の方に育児相談をされるほど、コミュニケーション力には自信があります。

短所は一つのことに時間をかけてしまうことです。短所を直せるように、業務の優先順位を決めて行動するようにしています。

長所に関しては、理由を交えて話すと説得力が増すでしょう。自分の長所が活かされた出来事を思い出しながら話してみてください。

短所はただ伝えるのではなく、短所を克服するために何をしているのかまで話せるとベストです。

やる気や熱意をアピールできるように考えておきましょう。

前職を辞めた理由

机にひじをかけて後ろを振り返る女性

回答例

前職を辞めた理由は、自分のアイデア力をさらに活かしたいと考えたからです。前職は若手職員が発言しづらく、風通しがよい職場とは言えませんでした。

しかし、貴園は若手職員のアイデアも尊重してくれると伺っています。ぜひ貴園のもとで、自信のアイデア力を活かしたいと考えています。

退職理由はできるだけポジティブに変換しましょう。退職理由がネガティブだと、「また辞めてしまうのでは?」と採用側に不信がられてしまいます。

また、退職理由だけでなく、志望先の保育園をなぜ希望しているのかまで伝えられると好印象です。

志望動機で伝えられなかったことを伝えるのもよいでしょう。

保育士の理想像

回答例

今後は保育士としてさらに専門性を極めたいです。例えば、絵本の読み聞かせやリトミック体操などのスキルを底上げしたいと考えています。

専門性を極めるために、現在資格取得に向けて勉強中です。資格取得した際は、貴園でもそのスキルを活かせるよう尽力します。

将来的にどのような保育士になりたいのか明確にしておくことで、腰を据えて長く働けるアピールができます。

また、目標とともに目標に向けて現在頑張っていることをアピールするのもよいでしょう。

「目標に向けて努力ができる人」という印象を与えられます。

逆質問

会話をする女性

回答例

・貴園で活躍されている方の特徴にどのようなものがありますか?

・貴園では◯◯という保育方針を掲げていますが、具体的にどのようなことをされていますか?

保育園によっては面接の最後に、「なにか質問はありますか?」と聞かれる場合があります。パンフレットやホームページに掲載されていないような踏み込んだ質問をするとよいでしょう。

給料や休日などの待遇面だけではなく、やる気や熱意をアピールできる質問がおすすめです。

保育士の面接に合格しやすい人の特徴

面接に合格しやすい人にはどのような特徴があるのでしょうか。それぞれ詳しく確認していきましょう。

面接に合格しやすい人の特徴
  • 自信を持って堂々と答えている人
  • 自分の言葉で話している人
  • 清潔感がある人

自信を持って堂々と答えている人

自信を持って堂々と答えている人は、面接に合格する可能性が高い傾向です。明るく・ハキハキとした話し方は面接官にとって好印象となるでしょう。

保育士の仕事は子どもたちの前で堂々とした姿を見せなくてはなりません。

 そのため、自信を持った姿はあなたが保育士として働いている姿を面接官にアピールできます。

反対に、自信なさげに話していると「この人に子どもたちを任せて大丈夫だろうか?」と不信がられてしまうので要注意です。

面接中に自信を持って堂々と答えられるように、準備を怠らないようにしましょう。

自分の言葉で話している人

面接を受けている女性

自分なりの言葉で一生懸命伝えようとしている人も、面接に受かりやすいでしょう。

 面接は覚えてきたことを披露する場ではなく、面接官とコミュニケーションを行う場です。

そのため、自分の言葉で伝えようと努力している人は、面接官からプラスの評価を受けるケースが多く見受けられます。

ロボットのように機械的に話すのではなく、気持ちをこめて伝えることが大切です。

清潔感がある人

いくら明るく・ハキハキとした話し方であっても、清潔感が無ければ面接通過は難しいでしょう。

 保育士に限らず、働くうえで清潔感は欠かせません。清潔感があるだけで、好印象を持ってもらえるでしょう。

身だしなみを整えておくことで、清潔感を演出できます。

服装・髪型などを入念にチェックしておきましょう。

面接対策を行うなら、転職サービスの登録がおすすめ!

パソコンに文字を入力する人

「面接対策を1人で行うのは不安…」と考えている人も多いのではないでしょうか。特にはじめての転職ではわからないことだらけです。

 そこでおすすめなのが、保育士の転職に特化した転職サービスの活用です。

転職サービスに登録すると無料で面接対策をしてもらえるため、はじめての転職であっても不安になることなく面接準備ができるでしょう。

転職サービスには転職のプロが多数在籍しているため、充実したアドバイスを得られますよ。

保育士におすすめの転職エージェント3選

保育士バンク

保育士バンク

おすすめポイント
  • 保育士求人・転職サービスで6部門No.1を獲得
  • 未経験でも求人を探せる
  • 条件の良い非公開求人も多数保有

保育士バンクは、保育士求人・転職サービスで6部門No.1を獲得している実績のあるサービスです。

 保育業界のプロが厳選するプレミアム求人では、福利厚生が充実している、待遇が良いなど好条件の求人が厳選して紹介されています。

保育学生や資格取得見込み歓迎の求人を揃えた新卒特集では、未経験でも希望の求人を見つけることができるでしょう。なお給与などの条件交渉も依頼できます。

非公開求人も多数保有しているので、気になる方はキャリアアドバイザーに相談してみてください。

※出典:https://www.hoikushibank.com/, 日本マーケティングリサーチ機構:調査概要2019年1月期サイトのイメージ調査

運営会社 株式会社ネクストビート
主なサービス(機能)
  • 転職・就職フェア
  • 専任アドバイザー
  • 面接日程調整
  • 給与などの条件交渉サポート
  • 企業への直接応募
公開求人数※2021年4月29日時点 -(公式ページに求人数合計の記載なし)
拠点 東京/札幌/宮城/金沢/愛知

※出典:https://www.hoikushibank.com/

保育士コンシェル

保育士コンシェル

おすすめポイント
  • 年収アップ事例多数!好条件の求人を多く取り扱い!
  • 園のネットワークが強いから、リアルな内部情報が知れる!
  • アドバイザーが年収交渉を代行してくれる!

保育士コンシェルは完全無料で利用可能な求人サービスです。公式ホームページには利用者の年収アップの声が多く掲載されています。

 月収22〜25万・年間休日120日以上など好条件の求人を多く取り扱っています。

保育士コンシェルと取り扱ってる園は強いネットワークを持っていますので、アドバイザーからはリアルな園の内部情報を教えてもらうことができます。

簡単な質問に答えるだけの30秒診断で転職の相談ができます!
運営会社 株式会社プログレート
主なサービス(機能)
  • LINEで転職相談
  • 保育士転職に役立つコラム
  • 入社後のアフターフォロー
公開求人数※2021年9月3日時点 4,355件
拠点 全国

出典:https://job.hoikushiconcier.com/

ジョブデポ保育士

ジョブデポ保育士

おすすめポイント
  • 求人数1万件以上!
  • 入職するとお祝い金最大10万円もらえる!
  • 全国の求人を取り扱い!

ジョブデポ保育士は業界最大級の求人数を誇る求人サービスです。全国の求人を取り扱っています。

求人数が多いと、選択肢が広がります。自分にぴったりの求人が見つかる可能性もアップしますね!
見事内定を獲得し、入職するとお祝い金をもらうことができます。最大10万円ですので、ぜひ利用してみましょう。電話での相談も非常に丁寧との口コミが多いので、手厚いサポートを受けたい方におすすめのエージェントです!
運営会社 with Career株式会社
主なサービス(機能)
  • 日程調整
  • 条件交渉
  • 選考対策
公開求人数※2021年9月3日時点 10,005件
拠点 全国

出典:https://j-depo.com/hoiku

まとめ

今回は、保育士の転職に欠かせない面接のポイントや気を付けるべきことなどを中心にご紹介しました。

面接では明るく・ハキハキとした話し方や身だしなみ、自分の言葉で伝えることが重視されます。

面接準備を入念に行っておくことで、面接への不安は払拭されるでしょう。面接対策を徹底したいなら、保育士転職に特化した転職サービスの登録もおすすめです。

ぜひこの記事を参考にしながら、保育士の面接を成功させてください!

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事