美容外科の看護師になるには?転職のコツや向いている人の特徴を解説

「美容外科の看護師になりたい!」と考えている人もいるのではないでしょうか。

美容外科の看護師は一般病棟の看護師よりも年収アップを期待できるだけでなく、美容に特化した看護を行える特徴があります。

しかし、実際に美容外科の看護師になるために資格は必要なのか、どのような仕事を行うのか気になってしまいますよね。

そこで本記事では、美容外科の看護師に関する以下の項目をご紹介します。

この記事でわかること
  • 美容外科の看護師になるには?
  • 美容外科の看護師として働くメリット・デメリット
  • 美容外科の看護師が向いている人の特徴
  • 美容外科の看護師になる前に知っておきたいこと
  • 看護師の転職エージェント利用のメリット

この記事を読めば美容外科の看護師になるためのヒントを得られます。美容外科の看護師を目指している人はもちろん、美容外科の看護師に興味がある人もぜひ参考にしてみてください。

美容外科の看護師になるには?資格は必要?

美容外科の看護師になるには?資格は必要?

美容外科の看護師になるには、もちろん看護師資格は必須です。まだ看護師資格を持っていない人は優先的に資格取得を目指しましょう。

また、クリニックによっては臨床経験が必須なところもあります。

 臨床経験を積むことで採用で有利になる場合があるので、少なくても2~3年の実務経験を積んでおくとベストです。

そのほかにも、美容外科は海外からの患者さんが多い傾向にあります。英語・中国語でコミュニケーションがとれれば、業務中に役立てられるでしょう。

美容系の資格を取得しておくのもおすすめです。

施術に関して患者さんにアドバイスする際も、美容の知識が役立つ場合があります。

美容外科の看護師とは?

美容外科の看護師とは?

ここからは美容外科の看護師はどのような職業なのかご紹介します。下記の項目をそれぞれひとつずつ確認していきましょう。

美容外科の看護師とは
  • 美容外科の看護師の仕事内容
  • 美容外科の看護師のタイムスケジュール

美容外科の看護師の仕事内容

美容外科で働く看護師の仕事内容は多岐に渡ります。例えば、診察・診療のサポートなど看護師としての基本的な仕事は必須です。

 そのほかにも、美顔器や脱毛器などの機械を操作することもあれば、整形手術の介助を務める場合があります。

また、患者さんの悩みに耳を傾けるのも重要な仕事です。初診時のカウンセリングで患者さんの話を聞くこともあるため、丁寧な対応が求められます。

美容分野はトレンドの移り変わりが早いため、業務の合間で美容について勉強することも大切です。

美容外科の看護師のタイムスケジュール

美容外科で働く看護師は1日をどのような流れで進めているのでしょうか。ここからは、とある美容外科看護師のタイムスケジュールをご紹介します。

9:30 出勤・開院準備
10:00~12:00 開院・受付業務
12:00~13:00 休憩
13:00~19:00 施術補佐・カウンセリング対応など
19:30 閉院準備・退勤

美容外科で働く看護師の一般的なスケジュールは以下のとおりです。美容クリニックは夜勤が発生しないため、ライフワークバランスを重視しながら働けるメリットがあります。

また、一般の病棟と違って急患が出ることも少ないため、比較的希望通りに休日を申請できるでしょう。

希望休の取りやすさにこだわりたい人にもおすすめの職場といえます。

美容外科の看護師として働くメリット

美容外科の看護師として働くメリット

美容外科の看護師として働くとどのようなメリットを得られるのでしょうか。それぞれ詳しく確認していきましょう。

美容外科の看護師として働くメリット
  1. 給料の水準が高い
  2. 夜勤がない
  3. 患者さんに感謝されやすい
  4. 接客スキルが身につく

1.給料の水準が高い

美容外科の看護師で働く大きなメリットのひとつに、給料の水準が高いことが挙げられます。

 美容外科は自由診療がメインのクリニックです。施術料金をクリニック独自で定められるため、利益を得やすくなる特徴があります。

大きな利益が出るほど、美容外科で働く看護師の給料にも還元されやすくなるでしょう。

また、職場によっては看護師の指名制に伴うインセンティブを設定しているところもあります。

看護師が個人の努力次第で年収アップを目指せるため、満足できる給料を得られるでしょう。

2.夜勤がない

美容外科のクリニックにはほとんど夜勤がありません。一般病棟と違って入院している患者がいないため、夜勤が発生しないメリットがあります。

 夜勤が発生しないと生活リズムが崩れることもなく、体調管理がしやすいでしょう。

また、ワークライフバランスを大切にしたい人にもおすすめです。夜勤が発生しない以外にも、救急対応が必要な患者がいないこともメリットとして挙げられます。

美容クリニックは完全予約制が多いため、予約分の患者のみ対応すればよい点が魅力です。

3.患者さんに感謝されやすい

美容外科の看護師として働くメリット

美容外科の看護師として働いていると、患者さんに感謝されやすいのがメリットです。美容外科で働く看護師はカウンセリングなどを担当します。

 カウンセリングで悩みを聞いた患者さんへ丁寧に施術の内容を説明することで、患者さんの悩みが晴れることもあるでしょう。

実際に施術が終わった患者さんから、「看護師さんに悩みを聞いてもらえて助かりました」と声がかかることも少なくありません。

美容外科を訪れる患者さんの悩みは多種多様です。

ひとり一人に合わせた丁寧なサポートは、患者さんから感謝されることでしょう。

4.接客スキルが身につく

接客スキルが身につくのも美容外科で働く看護師のメリットです。美容外科では患者さんにリラックスしてもらえるよう、丁寧な話し方・所作が求められます。

 また、施術内容をわかりやすく説明する力やときにはクリニック独自の美容品を販売するセールストーク力も必要です。

こうした業務を日々行っていくことで、看護師でありながら接客スキルが身につきます。

ハイレベルの接客スキルを身につけたい人にとって、美容外科の看護師はおすすめの職場です。

美容外科の看護師として働くデメリット

美容外科の看護師として働くデメリット

一方、美容外科の看護師にデメリットは生じるのでしょうか。考えられるデメリットは下記のとおりです。

美容外科の看護師として働くデメリット
  1. 一般病棟でのスキルが身につきにくい
  2. 看護師のキャリアとして認められない場合がある
  3. 救急対応力がつきにくい

1.一般病棟でのスキルが身につきにくい

美容外科の看護師として働くと、一般病棟のスキルが身につきにくいデメリットがあります。

 一般病棟では当然の業務内容だったとしても、美容外科でほとんど行わない業務も少なくありません。

一般病棟でのスキルを身につけたい人にとって、美容外科で働くのはやや物足りなさを覚えてしまうかもしれません。

特に、一般病棟でキャリアアップしていきたいと考えている人は要注意です。

2.看護師のキャリアとして認められない場合がある

美容外科の看護師として働くと、看護師のキャリアとして認められない場合があります。美容外科は一般病棟と仕事内容が大きく異なるからです。

 特に、新卒で美容外科に入職した人が一般病棟へ転職を考える場合、転職のハードルがやや高くなってしまうでしょう。

美容外科から一般病棟へ転職をする際には、美容外科で培ったスキルをどのように一般病棟へ活かせるのか論理的な説明が必須です。

美容外科・一般病棟の両方で働いてみたい人は、それぞれのスキルをどのように活かせるのか常に考えておくとよいでしょう。

3.救急対応力がつきにくい

美容外科の看護師として働くデメリット

美容外科の看護師として働くと、救急対応力がつきにくいデメリットがあります。美容外科は完全予約制のクリニックが多く、救急の患者さんを対応することはほぼありません。

 そのため、美容外科の看護師は心にゆとりを持ちながら働ける一方で、救急対応力が身につかなくなってしまうでしょう。

もし美容外科を経て一般病棟へ転職を考えているなら、救急対応力が身についていないことに焦りを覚えるかもしれません。

救急対応力はすぐに身につくものではないので、一般病棟への転職を考えている人は注意が必要です。

美容外科の看護師が向いている人の特徴

美容外科の看護師が向いている人の特徴

美容外科の看護師が向いている人にはどのような特徴があるのでしょうか。ひとつずつ詳しく確認していきましょう。

美容外科の看護師が向いている人の特徴
  • 美容に興味がある人
  • 人の相談にのることが好きな人
  • 好奇心旺盛な人
  • 仕事とプライベートを両立したい人

美容に興味がある人

美容に興味がある人は美容外科で働く素質があります。なぜなら、美容外科では美容に関する悩み・コンプレックスがある患者さんに対応する必要があるからです。

美容外科に訪れる患者さんは美容への関心が高い傾向にあります。

 そのため、美容への関心度が低い看護師と接した場合、クリニック全体の信用が落ちてしまいかねません。

美容に興味があれば患者さんが悩んでいることにすぐ察知し、効果的な施術を提案できるでしょう。

美容外科の看護師として日々の身だしなみにこだわることも、大切な仕事のひとつです。

人の相談にのることが好きな人

人の相談にのることが好きな人も美容外科の看護師として働く素質があるでしょう。美容外科の看護師はカウンセリング時に、患者さんが抱える悩みを聞く機会もあります。

 人の相談にのることが好きなら、カウンセリング時に大きなやりがいを感じられるでしょう。

特に美容外科を訪れる患者さんは、悩みやコンプレックスを抱えている人も少なくありません。

このような方に対して丁寧に耳を傾けることで、クリニックを出るころには明るい笑顔を取り戻していることもあります。

美容外科の看護師として働くうえで、大きなやりがいを感じられる瞬間ですね。

好奇心旺盛な人

美容外科の看護師が向いている人の特徴

好奇心旺盛な人も、美容外科の看護師として大いに活躍できます。美容外科では最新の美容情報や技術を仕入れられるだけでなく、実際に自分で試すことも可能です。

 美容外科の看護師が実際に施術を試しておくことで、患者さんへ施術内容を説明する際に説得力を持たせることができます。

はじめての機械や施術方法でも怖がることなく、興味関心を持ってチャレンジできる人は美容外科の看護師に向いているでしょう。

仕事とプライベートを両立したい人

仕事とプライベートを両立したい人も美容外科の看護師に向いています。美容クリニックは一般病棟と違って、夜勤は発生しません。

 ほとんどの美容クリニックは日中の時間に勤務するため、プライベートの時間を確保しながら働けるでしょう。

また、美容クリニックはほぼ完全予約制です。飛び入りの患者さんが来ることもなく、ゆとりをもって業務を進められます。

希望休も取りやすい環境なので、旅行や遠出など休みの計画を立てやすいメリットがあります。

美容外科の看護師になる前に知っておきたいこと

美容外科の看護師になる前に知っておきたいこと

実際に美容外科の看護師になる前に、知っておくべきことはどのようなものがあるのでしょうか。それぞれ詳しく確認していきましょう。

知っておきたいこと
  • 高い技術や接遇が求められる
  • 流行をとらえた提案力が必要とされる
  • 地方の求人倍率のほうが比較的高い場合がある

高い技術や接遇が求められる

美容外科の看護師は一般病棟よりも高い技術や接遇が求められます。患者さんは高額な代金を支払って美容外科に来院されるため、事前にリサーチをしている人も少なくありません。

そのため、患者さんが求める技術レベルはより高くなるでしょう。

 美容外科の看護師として働く以上、患者さんからの期待にも応えなくてはなりません。

例えば、点滴や注射などの小さなミスも大きな問題に発展することがあります。

勤務中は気を引き締めて対応にあたることが必要です。

流行をとらえた提案力が必要とされる

美容外科の看護師になる前に知っておきたいこと

施術に関する知識の取得はもちろん、流行をとらえた提案力も必要です。美容はトレンドの移り変わりが早いため、キャッチアップする力が求められるでしょう。

 例えば、眉毛のアートメイクを患者さんへ提案する際、メイクのトレンドをおさえておく必要があります。

流行をとらえていないと、患者さんから不信感を持たれる場合もあるでしょう。

常にアンテナを張り巡らして、さまざまなトレンドを追っていくことも重要な仕事です。

地方の求人倍率のほうが比較的高い場合がある

美容外科で働く場合、都市部よりも地方クリニックのほうが求人倍率が高い傾向にあります。

 もともと地方は美容外科クリニックの数が少なく、看護師の募集人数が限られている場合があるからです。

さらに大手クリニックが地方で開院する場合、もともと大手クリニックにいた人材を地方へ派遣し、新規の募集は行わないこともあります。

地方の美容クリニックに転職したい場合は、常に求人をチェックしておくとよいでしょう。

美容外科の看護師になるためのコツは?

美容外科の看護師になるためのコツは?

美容外科の看護師になるためにコツはあるのでしょうか。具体的な方法をいくつかご紹介します。

美容外科の看護師になるためのコツ
  • 希望するクリニックの情報収集を行う
  • 転職サービスに登録する
  • 求人情報をしっかりチェックする
  • 面接対策を徹底する

希望するクリニックの情報収集を行う

美容外科の看護師を目指すうえで、希望するクリニックの情報収集は欠かせません。施術内容の特徴はもちろん、クリニックの方針をしっかり把握しておきましょう。

 例えば、「患者さんひとりひとりに合わせたサービスの実現」などクリニックによって特色があります。

自分が目指す看護師像とクリニックの方針が合致するのか調べておくと、志望動機の記入や面接時に役立つでしょう。

また、可能であればクリニックの経営状態を調べておくのもおすすめです。

転職サービスに登録する

美容外科の看護師になるためには、看護師に特化した転職サービスに登録するのもおすすめです。

 転職サービスに登録することで、ひとりでは見つけられなかった求人が見つかることも大いにあるでしょう。

なお、転職エージェントに登録すると、専属エージェントが希望条件に合った求人を提案してくれます。

自力で求人を見つけるのが難しい人は、転職エージェントの利用を検討してみてください。

求人情報をしっかりチェックする

美容外科の看護師になるためのコツは?

求人情報をしっかりチェックするのも、美容外科の看護師になるためには欠かせません。

 求人情報をチェックする際は、給料・勤務時間・仕事内容をまずチェックしましょう。

もし求人内容をみて疑問点が生じたら、問い合わせてみるのもおすすめです。

もし転職エージェントで紹介してもらった求人なら、専属エージェントに問い合わせてみてください。

面接対策を徹底する

実際に応募する求人が見つかった段階で、面接対策を徹底して行いましょう。

 「なぜこのクリニックに転職を希望するのか?」「どのようなスキルを役立てられるのか?」を入念に考えておくことが必要です。

なお、転職エージェントによっては、面接対策を実施してくれるところもあります。

特にはじめて転職活動を行う人にとって、面接対策をしてくれる転職エージェントは心強い味方になってくれるでしょう。

看護師の転職エージェント利用のメリット

転職活動を1人で進めるのは不安な方も多いでしょう。そんな時は転職エージェントを利用してみると、効率的に転職活動が行えますよ。

ここでは、転職エージェントを利用するメリットをご紹介します。

転職理由や強みが明確になる

転職したいけど具体的な理由を聞かれるとよくわからない…そんな方も転職サイトに登録してみるとすぐに理由が見つかることも。

 経験豊富なアドバイザーの丁寧なヒアリングを通して、あなたの希望や転職したい理由を整理しながら明確化できます。

転職理由はブレてしまうと、転職の失敗に繋がりやすいため、アドバイザーとともに考えてみましょう。

また、ヒアリングの中で、あなたのやりたいことや強みを明確化することもできます。

現在までの看護師の経験はもちろん、今後の方向性や得意な業務などを見つめ直す良い機会になりますよ。

内部情報を把握できる

一般的な求人は、入職先の情報が少ないことが多いです。また、施設側があまり公にはしたくない離職率や人間関係などのセンシティブな内容は、求職者の耳には入りにくいのが現状です。

 美容外科は一般のクリニックとは異なり、営業成績やインセンティブが給料に反映されることもあります。

営業ノルマや暗黙のルールが存在する場合もあるため、内部情報の入手は必須であると言えますよね。

施設側としっかり連携しているアドバイザーであれば、施設側からの信頼もあるため、ありのままの内部情報を入手できます。

内部情報を事前に把握しておけば、入職時にも慌てることなく業務に集中できますね。

非公開求人を優先的に紹介してもらえる

美容業界の求人は、高収入で夜勤もないため、好条件な求人は必然的に高倍率となってしまいます。

 そのため、美容外科や美容クリニックの求人は、公開されずにエージェントに登録している条件が合う方に優先的に紹介されることが多いです。

転職エージェントに登録することで、非公開求人をいつでも把握できる環境はメリットが高いと言えますよね。

事前に情報を伝えておくと、美容の非公開求人を紹介してもらえる可能性が高まるため、早めの登録がオススメです。

手続きを代行してもらえる

転職時はさまざまな手続きが必要となります。施設見学や面接日の決定は、本来であれば求職者とクライアントが直接やりとりして決定していく必要がありますよね。

内定を辞退する場合も、気まずい中お断りの電話をしなければなりません。しかし、転職サイトに登録することで、これらの手続きをすべて代行してもらうことができます。

これらの手続きだけではなく、希望条件に合った求人の絞り込みや、入職先のリサーチもおまかせできるため、転職準備に集中できますよ。

看護師におすすめの転職エージェント3選

ナースではたらこ

ナースではたらこ

おすすめポイント
  • 対応満足度第1位
  • キャリアアドバイザーの独自情報あり
  • 好条件のWEB非公開求人も多数

ナースではたらこは、対応満足度第1位を誇る転職サイトです。2009年からサービスを開始しているので、10年以上の実績があります。

 サービスは求人紹介だけでなく、転職のプロによる履歴書の書き方や面接対策などのサポートも含まれます。

キャリアアドバイザーは各支社によるエリア別担当制なので、地域の情報も精通しています。また、現場訪問などの独自取材をしており、実際の忙しさ職場の雰囲気なども教えてもらえるので安心です。

専門看護師・認定看護師支援や寮・家賃補助ありの求人も取り扱っている、求人の幅が広い転職サイトです。


特集ページでは、都道府県ごとの看護師の平均年収を公開しています。

※出典:https://iryo-de-hatarako.net/, 調査実施機関:インテージ、2019年9月18日〜2019年9月20日調査実施。20代〜40代看護師319名を対象とした調査において、「アドバイザーの対応」満足度が主要人材紹介会社6社中評価No.1

運営会社 ディップ株式会社
主なサービス(機能)
  • キャリア相談
  • 面接サポート
  • 条件交渉
  • 入職後のアフターフォロー
公開求人数※2021年4月30日時点 92,901件
拠点

東京/札幌/宮城/神奈川/千葉/茨城/栃木/埼玉/群馬/静岡/愛知/岐阜/大阪/京都/兵庫/広島/福岡

※出典:https://iryo-de-hatarako.net/

看護プロ

看護プロ

おすすめポイント
  • 「看護師さんが選ぶ人材紹介会社」No.1
  • 実際に足を運んで取材しているのでギャップが少ない
  • ママさんコンサルタントも在籍している

看護プロは関東・東海エリアを中心的な拠点とした転職サイトです。

 「看護師さんが選ぶ人材紹介会社」No.1にもなっており、安心の実績があります。

病院や施設に頻繁に足を運んでいるので、実際の職場環境が求人情報とかけ離れているという心配がありません。また、求人には載っていない内部情報も教えてもらえます。


ママさんコンサルタントも在籍しているので、復職を目指す女性は具体的なアドバイスがもらえるでしょう。

※出典:https://www.kango-pro.jp/, 調査実施機関:ゼネラルリサーチ、2019年10月調査実施

職場の内部情報が豊富!

看護プロ
登録はこちら(無料)

運営会社 株式会社ローザス
主なサービス(機能)
  • 23時まで電話相談対応
  • 面談対策
  • 転職ノウハウ
  • 入職後のアフターフォロー
公開求人数※2021年4月30日時点 7,173件
拠点 東京

※出典:https://www.kango-pro.jp/

職場の内部情報が豊富!

看護プロ
登録はこちら(無料)

ナースジョブ

ナースジョブ

おすすめポイント
  • 地方求人が充実!全国から利用できる
  • 専属のキャリアアドバイザーが内定までサポート!残業の有無や離職率など聞きづらい内部情報も聞ける!
  • 転職をするか迷っているという方でも相談可能!

ナースジョブは全国の求人を取り扱っている転職サービスです。他社では求人が関東・関西に集中してしまっていることもありますが、ナースジョブは全国どこからでも利用できるのが魅力です。

 転職のサポートには専属のアドバイザーがつきます。アドバイザーは面接に同行してくれたり、聞きづらい職場の内部情報のヒアリング、条件交渉などを行ってくれます。

また、転職するかどうかまだ決心がつかない...という方でもナースジョブは相談可能です。求人を探すだけでも、アドバイザーのサポートを受けることができます。

登録から入職まで料金は一切かかりません!完全無料で手厚いサポートを受けることができますよ。
運営会社 株式会社メディカルジョブセンター
主なサービス(機能)
  • 職場へのヒアリング
  • 日程の調整
  • 非公開求人の紹介
公開求人数※2021年9月14日時点 29,614件
拠点

全国利用可

札幌・東京・神戸・広島・福岡

よくある質問

美容整形外科への転職前に学習しておくことは?
美容外科看護師の主な業務は、カウンセリング、手術に伴う検査・採血、手術介助、術後管理、レーザー治療、物品や手術機器の管理などがあります。手術による侵襲を伴うため、周手術期看護を学んでおくと良いでしょう。手術室業務や一般的な外科業務を経験しておけると即戦力となりそうです。また、美容外科を受診する患者は美意識が高く、注射・点滴時は内出血や跡が残らないよう細心の注意を払う必要があります。ほとんどが自費診療となりますので、より良いサービスの提供や営業が必要な側面もあります。気持ちよく利用していただけるよう接客やマナー面もあらかじめ学習しておけると良いですね。
自分の容姿に自信がありませんが転職したいです。
容姿については、あまり関係はないでしょう。しかし、美容専門施設で働くのですから、必要最低限身だしなみを整え、美容の知識は持っておいた方がいいですね。身だしなみを気にしていない人が働いている施設で施術しようと思う患者は少ないでしょう。カウンセリングを行うことがあるため、コミュニケーションが好きな方や得意な方であればなお採用率が上がりますよ。
看護師以外に資格が必要ですか?
美容外科の看護師は、看護師免許のみで業務が可能です。しかし、美容整形を考えている方はコンプレックスや悩みが強い傾向にあります。じっくりカウンセリングを行い、患者の要望を一つ一つ聞かなければなりません。そのため、患者の悩みに寄り添いながら向き合える心理カウンセラーは、美容外科では役立つため、取得を考えてみても良いでしょう。
臨床経験は必要ですか?
求人を見ると3年程度の臨床経験が条件の一つになっている求人も多いです。点滴や注射の手技や術後管理は、いきなり新人に任せられる業務ではないです。特に手術は少しのミスでも危険と隣り合わせであり、体に跡が残ることでクレームがくることもあります。臨床で経験を積み、手技を確立しておくことで即戦力として活躍できる看護師になることができますよ。臨床で経験を積むなら一般外科、皮膚科、手術室がオススメですよ。

まとめ

今回は美容外科の看護師になるために必要なことや、美容外科の看護師になるメリット・デメリット、おすすめの転職エージェントなどをご紹介しました。

美容外科の看護師は、美容に興味がある人やコミュニケーション力に自信がある人に向いています。患者さんからお礼を言われる機会も多く、大きなやりがいを感じられるでしょう。

もしひとりで美容外科の看護師を目指すことが心細いなら、看護師に特化した転職エージェントの活用がおすすめです。

記事内で紹介した転職エージェントはいずれも無料で利用できるため、ぜひこの記事を参考にしながら、美容外科の看護師を目指してみてください!

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事